PHCbi

あなたの課題を解決するために

ちゃんと活用できていますか?
次世代シーケンサーとバイオインフォマティクス

遺伝子の解析結果に基づき、患者さん一人ひとりの体質や病状に合わせて行う遺伝子治療。高速かつ大量に遺伝子情報を読み取るには、 “次世代シーケンサー”による解析が必要です。例えば、ヒト一人のゲノムは約120GBと、変換されるデータ量は多大です。

長く複雑な生体分子の配列データから生物学的意味を見出すには、コンピューター技術を駆使して分析を行う“バイオインフォマティクス”のシステム構築も不可欠となってきます。

そして次世代シーケンサー導入検討および導入後のデータ分析の課題は、活用レベルによっても様々です。
以下にまとめてみました。

1)今使用しているシーケンサーはPCRによるエラーが多いので、高精度かつコストパフォーマンスに優れた次世代型を探している。

2)次世代シーケンサーを導入したいけど、どんなシステム構成にしたらいいか分からない。

3)シーケンシング後の遺伝子データは大量にあるが、分析は進んでいない。
研究室に分析を行える人材がいない上、メーカーからも分析サポートが得られない。

4)今はデータ分析を外注しているが、将来は内製化したい。

5)データの分析プロセスを自動化し、研究開発のスピードを上げたい。