PHCbi

あなたの課題を解決するために

錠数が多い患者様の一包化ニーズが増加傾向に・・
感染対策にも配慮するため、ますます複雑で、煩雑化するPTPシート除包・手まき作業!

イメージ

服用薬剤の種類が多い高齢者の増加、コロナ禍に伴う衛生管理ルールの徹底に伴い、薬剤師の調剤業務は近年さらに煩雑化しています。
一部を除き、多くの病院内外薬局では錠剤包装機が導入されておらず、薬剤師による手作業で一包化を行っているか、普通の一包化包装機などを人海戦術で使用しているケースが散見されます。

今回は、高齢化/衛生管理に伴う薬剤師のリスク軽減、業務効率化についてご紹介します。

薬局内の空気感染リスクを減らすために提供時間を速める工夫が必要

中・小規模薬局のあり方もコロナ禍で大きな変化を迎えています。
季節性インフルエンザの懸念もある中、空気感染の危険性がある以上、薬局での患者さんの待機時間を少しでも減らす工夫が求められています。
またコロナ禍で高齢者層の通院回数も大きく減っています。そのため、一回あたりの処方量が増え、提供時間は速めなければならず、大きな工数削減が求められています。

衛生面で役立つ一包化。しかしカラーラインだけは管理が不安で…

一方で、在宅対応施設は職員の衛生面に敏感になっています。服薬時点毎の薬包紙にカラーラインを引いて調剤することは従来から求められてきましたが、被介護者さんの服薬管理をするうえで、迅速に扱えるわかりやすい薬包紙の表記が求められています。
また在宅では嘔吐物、排泄物の処理をするとき飛び散る可能性もあり、更なる衛生面での注意が求められています。薬が一包化され、管理・収納がしやすくなることで、汚染のリスクを下げることができます。

手まき作業は単なる手間だけでなく、さまざまなリスクが潜んでいる…

中・小規模薬局ではバラ錠ボトルとシートが混在した状態からの手まき作業など、まだまだ人の手に頼る作業が多いことは否めません。前述の薬袋へのライン引きも薬剤師さんの手間を増やす要因となっています。

また、手袋での調剤は実務上難しく、衛生面のリスク削減には都度の手洗い・うがいが必要となります。しかし、忙しい業務の中での手洗い自体も裸薬を触ることへの感染リスク対策としては完璧ではありません。

人材不足に対応し、薬剤師さんが錠剤そのものに触れる機会を削減するためのオートメーション化は、コロナ禍の需要に対応していくためにも、工数削減を実現する糸口となるかもしれません。