PHCbi
ハイスループット自動核酸抽出装置 MGISP-NE384

ハイスループット自動核酸抽出装置MGISP-NE384

MGISP-NE384は、磁性ロッド技術を用いた取り入れた高スループット自動核酸抽出装置です。MGISP-NE384と核酸抽出キットを併用することで、わずか21分で96、192、288、384のサンプルからDNA・RNAといった核酸を様々なサンプルから抽出・精製できます。HEPAフィルターとUVランプも内蔵されておりますので、コンタミネーションが防止され安全な作業環境が保証されます。

機能

Features

柔軟性:

96、192、288、384の同時核酸抽出が可能です。サンプル数に合わせ、Z軸独立制御ができ、1~4組のモジュールでの実行、制御ができます。

効率性:

磁性粒子を移動・処理し、最大384サンプルから核酸を抽出・精製します。

安全性:

HEPAフィルターとUVランプ装備ため、コンタミネーションを防止します。安全な作業環境が保証されます。

安定性:

試薬を保管するための96ウェルプレートと使い捨て式チップを備えた信頼性の高いハードウェア設計となっており、操作上のミスを最小限に抑えることができます。

システムの仕様

MGISP-NE384
処理可能サンプル数96/192/288/384 サンプル
処理容量20~1000µl
作業位置4×6 96ウェルプレートポジション
温度制御、溶解/溶出ウェル室温+5~115℃
温度の正確度≤±1℃
ミキシングモジュールZ軸独立制御のモジュール、1~4組の動作モードから選択
UV ランプ>100,000μW.s/cm2
HEPAフィルター濾過システム0.3μmの粒子に対する濾過捕集効率は99.99%
操作インターフェース23インチのタッチスクリーン搭載(Windows)
プログラム管理プログラムの作成、編集、削除

水銀による環境の汚染の防止について

当該製品で使用しているUV ランプ(殺菌灯)には水銀が含まれています。
使用済みランプを廃棄する場合には、廃棄物処理法に則り、適正に行ってください。
使用済み水銀使用ランプの分別・回収に関わる情報については下記を参照ください。

http://www.jlma.or.jp/kankyo/suigin/index.htm