PHC株式会社

Medicom-HRfでできること①

正確な事務作業はお任せ。
ミスを防ぎクリニック経営を支援。

医事一体型電子カルテシステム Medicom-HRf

正確な事務作業は、メディコムの電子カルテ

医事一体型電子カルテシステム Medicom-HRf

にお任せください

目 次

クリニック経営を
支援する
3つのポイント

1 クリニック経営を支援するポイント 残業削減

このようなお悩みありませんか?

レセプト時期の残業が長い…

メディコムは 月初に業務が集中しない仕組みがあります
  • POINT1

    カルテ記載の
    リアルタイムチェック

    医事一体型電子カルテのため、カルテ入力時にリアルタイムでチェックがかかります。後から修正する必要がなくなり、スムーズなカルテ作成と時間削減が可能になります。

  • POINT2

    ワンクリックで
    レセプトエラーを修正

    レセプトチェック時、エラーリスト一覧の画面からワンクリックで該当カルテを開いて内容の修正ができるため、効率のよいレセプト作業が可能になります。紙に印刷して確認したい場合、エラーが生じたレセプトに絞って印刷も可能です。

2 クリニック経営を支援するポイント 査定・返戻削減

このようなお悩みありませんか?

返戻や査定により
レセプト修正・再提出が必要になっている…

メディコムは 見落としを防ぐ仕組みがあります
  • POINT1

    病名の予測、未コード化傷病名を
    自動置換

    カルテに入力された診療行為をもとに病名候補を表示します。また、テキスト入力された病名を自動で傷病名コードに置き換えます。病名データベース(ICD10対応)は、2営業日以内の配信で常に最新の状態でお使いいただくことが可能です。

  • POINT2

    薬剤の投与量・期間の
    自動照合

    病名により投与量が変更されるPPI製剤は、病名と投与量・期間が合っているか自動でチェックを行います。

3 クリニック経営を支援するポイント 算定漏れ削減

このようなお悩みありませんか?

算定漏れをしていないか不安がある…

メディコムは 算定漏れに気付く仕組みがあります
  • POINT1

    カルテと見比べる
    画面レイアウト

    医事一体型電子カルテのため、会計画面でも医師が記載したカルテの内容を表示します。カルテ内容と比較して会計のチェックを行うことで算定漏れに気付きやすくなります。

  • POINT2

    経験や知識に左右されない
    算定アシスト機能が標準搭載

    お薬が出ている場合、自動で処方箋料を算定するのはもちろん、検査の入力があれば必要なコストを自動算定します。カルテに入力された傷病名と診療内容から、算定可能な医学管理料をご提案します。

正確な事務作業は、メディコムの電子カルテ

医事一体型電子カルテシステム Medicom-HRf

にお任せください