PHC株式会社

クリニック開業コラム

ホームページを見てもらうには?

ホームページを作っただけでは人は来ない

「ホームページをつくったのに患者が増えない」多くの開業医の方がこのような悩みをお持ちではないでしょうか。「患者が増えない」と嘆く前に、そのホームページはちゃんと見られているでしょうか。ホームページは作れば自動的に人に見てもらえるわけではありません。ホームページは従来のチラシがインターネット上にあるようなものです。紙のチラシも作っただけでは見てもらえることはなく、駅前での配布やポスティングがなければ人の目にとまることはないでしょう。ホームページもチラシ同様、見てもらうための仕組みが必要です。さらにホームページの場合は、見る人が自ら検索をする、クリックをするなどのアクションを起こさないと見られることはありません。あなたのホームページに興味がありそうな人はどのようなアクションを起こすのかを考え、そのタイミングで見てもらえるように準備をする必要があります。

ホームページを作っただけでは人は来ない

ホームページ集客の対策

ホームページ集客の対策

クリニックのホームページを見てもらうために、初心者であっても絶対に行うべき対策はSEOとMEOの2つです。
SEOとはSearch Engine Optimizationの略で、インターネットの検索結果で表示されやすくするための対策のことです。インターネットの検索結果は有料枠と無料枠に分かれています。SEOは無料枠で掲載順位が上位になるようにするための対策です。検索結果の順位が下がるほどクリック率も下がるため、重要な対策です。
次にMEOとはMap Engine Optimizationの略で、Googleマップの検索結果で上位表示されるようにするための対策です。地図上でクリニック情報を検索している人は今すぐにクリニックに行く必要がある患者である可能性が高いため、上位表示ができるとダイレクトに集患につながりやすいでしょう。

手法別のメリット・デメリット

SEOもMEOも上位表示がされるようになれば、クリニックに興味関心の高い人にホームページを見てもらうことができ、集患につながりやすいでしょう。そのため、対策しないという手はありません。しかし一方で、競合が多い場合には上位表示が厳しいことや、成果が出るまでに時間を要することが想定されます。またGoogleマップに関しては、一般のユーザーが口コミを投稿することができます。悪い口コミが集まってしまうと、クリニックの評判や集患に影響を与える可能性があります。しかし、口コミには返信もできるため不安に感じる必要はありません。悪い口コミがあった場合にも必ず返信し真摯な対応を見せ、今後のクリニック経営に活かしてください。患者はクリニックの対応をしっかり見ています。改善がなされていれば、良い口コミも増えてくるはずです。

手法別のメリット・デメリット

ホームページの活用の一覧へ戻る

トピックス

診療所向け電子カルテシステム/医事会計システム
診療所向けソリューションのご紹介
シェアNo.1。導入からアフターケアメンテナンスまで全国ネットにサポートします。

※「MEDICOM」および「メディコム」は、PHCホールディングス株式会社の登録商標です。