保険診療にはカルテ記載のルールがある。

保険診療には、医師法、医療法、健康保険法、療養担当規則、診療報酬点数表、医療情報システムに関するガイドラインなどたくさんのルールがあります。どれも患者様に適切な医療を届けるためのもの。
この様々なルールが遵守されているかどうかをチェックするのが行政指導(個別指導)と言われるものです。開業の約1年後に新規指導が行われ、ルールが守られていない場合は保険医の取り消しや診療報酬の返還を求められることがあります。

こんな方におすすめの動画です。
・1~2年以内に開業を考えている方
・開業をしたばかりでこれから新規個別指導を受ける方
・行政指導の概要を10分で簡単に知りたい方

セミナー内容

クリニックの今と未来を探求する メディコムジャーナル。第3回目は行政指導について解説します。

1.行政指導(個別指導)とはどういうもの?
2.よくある指摘事項とは?
3.気を付けるべきポイントは?

本動画コンテンツは10分で簡単に個別指導の概要を知りたい方向けとなっています。もっと詳しく知りたい方はこちらの過去セミナーがおすすめです。

実例から学ぶ!開業医が知っておくべき個別指導対策とは?

ナビゲーター

河村伸哉

株式会社日本経営メディキャスト事業部 Wevery!サポートセンター 河村伸哉(かわむら・しんや)

東北大学法学部卒業後、フリーランスの期間を経て、大手飲料メーカーや通信系システム会社等のウェブサイト作成を経験。現在、株式会社日本経営にて、医療機関のマーケティングを担当。これまで約2000件のウェブサイトをプロデュースしています。

スピーカー

香川悟朗

PHC株式会社メディコム事業部 プロダクトマネジメント部 香川悟朗(かがわ・ごろう)

2006年、当時の三洋電機株式会社に入社し、以降、医療IT部門であるメディコム事業部に従事。近畿エリアで10年、九州エリアで3年のメディコム代理店の営業担当を経験。その後、マーケティング部門へ異動となり、2年間、同事業部のプロモーション責任者として、イベントやデジタルマーケティング、コンテンツマーケティング、学会活動への参加などを推進。より良い製品/システムづくりに携わるべく、2021年10月からプロダクト部門を担当している。

※2022年4月時点での情報となっております。