PHC株式会社

NEWS ニュース

調剤医事システム及び電子薬歴システム「Pharnes」の機能改善についてのお知らせ

2020年2月10日
PHC株式会社

PHC株式会社メディコム事業部(本社:東京都港区)は、このたび、当社の薬局向けの調剤医事システム及び電子薬歴システムである「Pharnes」について、大幅な機能改善を行いましたのでお知らせいたします。

この度、医薬品医療機等法等(いわゆる「薬機法」)の改正(令和元年12月4日公布)に伴い、「調剤時に限らない」薬剤使用状況の把握や服薬指導が義務化されました。
このような背景に対応するために、メディコムは、薬局端末(「ヘルスケア手帳」Webアプリ、電子薬歴システムPharnes)と患者アプリ「ヘルスケア手帳」を介した「メッセージ機能」を提供致します。(注:「ヘルスケア手帳」Webアプリ側の提供開始は、3月末となる予定です。)
具体的には、薬局の薬剤師様が「ヘルスケア手帳」Webアプリ経由で、スマートフォンアプリ「ヘルスケア手帳」を使用する患者様に対して直接的にメッセージを送信することができます。患者様は「ヘルスケア手帳」アプリ経由で、そのメッセージに対して返信することができます。薬剤師様は、受信したメッセージを簡単な操作で電子薬歴システム「Pharnes」に取り込むことができます。この機能によって、電話運用の場合の「つながらない」「時間を気にしなくてはならない」等の煩わしさが無くなります。

その他にも、この度、下記のような、薬剤師の各種業務を協力にサポートする様々な機能を実現することにより、我々メディコムは薬剤師業務を強力にサポートしていきます。

○窓口業務の強化
1. Do入力画面における診療科・保険医の個別変更
2. 内服錠とチュアブル錠について、調剤料を別剤として算定できる改良
〇集計業務の強化
1. 薬局管理表における前月・前年同月の出力
〇薬歴業務の強化
1. 患者ごとの背景色の設定、及び背景色ごとの並べ替え
2. 併用薬管理画面の追加
3. 外用薬鑑査チェック表示の除外設定
〇DrugstarLead連携の強化
1. Pharnesの患者情報等の入力
2. ヒアリングシート入力情報のPharnesの薬歴表紙への転記

以 上

※プレスリリースの内容は発表時のものです。
 商品の販売終了や、組織の変更等により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。