データヘルス改革と薬局

データヘルス改革と薬局 ~日薬ランチョンセミナーから見えたこと~

いよいよ2021年10月からオンライン資格確認が始まりました。しかし、システムの導入完了薬局は5000軒程度(2021年9月時点)にとどまっており、多くの薬局においてオンライン資格確認の詳細は掴みきれていないものと考えられます。また、時間経過とともに、閲覧できる情報の種類等についても議論が進展しています。

こうした中、2021年9月19日、「第54回日本薬剤師会学術大会」においてランチョンセミナー「データヘルス改革の取り組みで薬局はどう変わるのか ~オンライン資格確認、電子処方箋他~」を開催しました。

本レポートでは、厚生労働省をはじめ保健医療福祉情報システム工業会や薬局関係者など、多彩な顔ぶれが登壇したランチョンセミナーの内容をまとめました。

本稿では、①本セミナーの概要、②注目の発言トピック、③薬局関係者からみた展望、④データヘルス改革の現状、をお伝えします。

データヘルス改革と薬局
ダウンロード