第15回日本薬局学会学術総会ランチョン5

~いよいよ見えてきたデータヘルスの集中改革プランの骨格~
薬局におけるオンライン資格確認から電子処方箋への期待

令和2年7月30日に厚生労働省から「新たな日常にも対応したデータヘルスの集中改革プラン」 が発信されました。

これは、支払基金・国保中央会が管理する、マイナンバーカードを活用して医療機関や薬局においてその場で保険資格確認を行うことができる「オンライン資格確認システム」のクラウドサービスを使って、医療情報を患者や全国の医療機関等で確認できる仕組み(Action1)と、同じく支払基金・国保中央会が運用する電子処方箋管理サービスのしくみ(Action2)、自身の保健医療情報を閲覧・活用できる、いわゆるPHRの仕組み(Action3)を集中的に推進するといったものです。

本セミナーではオンライン資格確認システムの導入事例から、このオンライン資格システムを基盤として、電子処方箋を運用した場合の期待と課題について触れます。
本記事はDRUGmagazine12月号からの抜粋記事です。

第15回日本薬局学会学術総会ランチョン5
 ダウンロード