宮城県の医院・クリニック・医師開業の動向と物件情報

宮城県の医院・クリニック・医師開業動向

現在、宮城県の人口は約230万人(2020年国勢調査)となっており、2030年頃には約215万人、2045年頃には約180万人になる将来推計が出ています。
一方、医療需要が高いとされる65歳以上の高齢者人口においては2040年代にピークを迎え、その後は減少となる予測がされています。
そのため、日本医師会提供の地域医療情報システム「医療介護需要予測指数」によれば2015年を100とした時の医療需要予測も2025年で106(全国平均105)、2035年で106(全国平均103)と、いずれも全国平均をやや上回る水準で推移するものと予測されています。

厚生労働省の医療施設動態調査によれば、宮城県の一般診療所数は令和3年3月末現在で1685施設が開業されていますが、この数値が2年前は1660施設、1年前は1666施設であることを考えると、増加傾向であることが伺えます。
ちなみに、人口10万人当たりの施設数は内科系診療所が約38施設(全国平均は約44施設)、外科系診療所が約15施設(全国平均は約19施設)となっています。

宮城県の市区町村ごとに掲載しています。

開業用地物件情報のお問い合わせ

宮城県の開業用地物件情報

仙台市青葉区

【物件No】210044

イメージ

【物件名】   仙台二日町案件
【住所】    仙台市青葉区二日町9-4
【物件種目】  貸テナント
【交通】    地下鉄南北線「北四番町」駅徒歩圏内
【賃料】    応相談
【坪】     330㎡
【募集科目】  内科・在宅以外
【備考】    マンション・オフィスビルが多く、県庁・市役所も近い

開業用地物件情報のお問い合わせ

他エリアの動向・物件情報ページへ

クリニック開業の流れについて詳しくはこちら