奈良県の医院・クリニック・医師開業の動向と物件情報

奈良県の医院・クリニック・医師開業動向

現在、奈良県の人口は約132万人(2020年国勢調査)となっており、2030年頃には120万人を割り、2045年頃には約100万人になる将来推計が出ています。
一方、医療需要が高いとされる65歳以上の高齢者人口においては2040年頃にピークを迎え、その後は減少となる予測がされています。
そのため、日本医師会提供の地域医療情報システム「医療介護需要予測指数」によれば2015年を100とした時の医療需要予測も2025年で102(全国平均105)、2035年で97(全国平均103)と、いずれも全国平均を下回る水準で推移するものと予測されています。

厚生労働省の医療施設動態調査によれば、奈良県の一般診療所数は令和3年3月末現在で1,213施設が開業されていますが、この数値が2年前は1,211施設、1年前は1,216施設であることを考えると、ほぼ横ばいで推移していることが伺えます。
ちなみに、人口10万人当たりの施設数は内科系診療所が約54施設(全国平均は約44施設)、外科系診療所が約22施設(全国平均は約19施設)となっています。

奈良県の市区町村ごとに掲載しています。

開業用地物件情報のお問い合わせ

奈良県の開業用地物件情報

王寺町

【物件No】210067

イメージ

【物件名】   ル・カーラ
【住所】    北葛城郡王寺町王寺2-9-15
【物件種目】  貸テナント
【築年数】   1976.6オープン
【交通】    JR大和路線「王寺駅」南口ロータリー正面
【賃料】    1,133,000円(税別)
【坪】     3F約120(2診対応可)
【募集科目】  内科・歯科以外
【備考】    2000.8に耐震補強工事を含めたリニューアルを実施 駅前物件 他に4階に40坪の空きテナント有り

開業用地物件情報のお問い合わせ

他エリアの動向・物件情報ページへ

クリニック開業の流れについて詳しくはこちら