※(株)矢野経済研究所調べ2022年8月時点