PHC

電子カルテ適合診断

設問1/18

どちらかと言えば慎重な性格で、リスクを考えて行動する。

診察中は患者の顔を見ながら話すことを心がけている。

経営を考えるのは大事だが、あまり事務や雑務に煩わされたくない。

電子カルテには豊富な機能や拡張性を求めている。

パソコン操作にはあまり自信がない。

新しいことを始めるときは、明るい展望より不安や心配が先んじる。

個人情報流出やサイバー攻撃は他人事ではないと感じる。

患者に伝わる平易な言葉を選んで話している。

患者数や収益など、経営に関するデータは常に把握しておきたい。

購入した電化製品は取扱説明書を熟読しないと気が済まないほうだ。

往診先や自宅など、院外でもカルテを見ることがある。

電子カルテには、困ったらすぐ聞けるような手厚いサポートを望む。

電子カルテの情報を守るため、高度なセキュリティ対策もいとわない。

患者がどんな気持ちか理解するため、表情やしぐさも注視している。

数字データを見たり、分析したりするのが好きだ。

レセプトや外注検査依頼なども電子カルテで一元管理したい。

「紙カルテのほうがラク」という気持ちが実はまだある。

新しい事柄にはすぐ飛びつかず、まずは様子見をするほうだ。