企業情報


PHCグループの
早わかり

主な事業の連結売上高

2,726億円※1

従業員数

10,300※2

海外従業員数

3,700※2

関係子会社数

世界91※2

事業展開

世界125カ国で販売※2

糖尿病マネジメント血糖値測定システム

世界125カ国

業界初 1991年発売、事業開始
国内シェア 1位 約50%※3
グローバルシェア 3位 約20%※4

診断&ライフサイエンス超低温フリーザー

世界110カ国

1966年発売、事業開始
国内シェア 1位 約55%※5
グローバルシェア 2位 約17%※6

ヘルスケアサービスレセプトコンピューター

日本初 1972年発売、事業開始
国内診療所シェア 1位 約34%※7

LSIメディエンスドーピング検査

アジア初 ドーピング検査(検体分析)
1985年以来の公認分析機関
国内唯一のWADA公認
ドーピング検査における検体分析機関

※1:FY2019 連結売上高、2020年3月現在。※2:2021年3月現在。※3:アークレイ株式会社と株式会社三和化学研究所の総マーケットシェア。※4:アセンシア ダイアベティスケアホールディングス株式会社 他販社の総マーケットシェア。(Copyright © 2019 IQVIA.,無断転載禁止・日本の市場シェア値はMIDAS 2017Q1-Q4 のデータおよび自社推計により算出・世界市場シェアの数字は、IQVIA MIDAS 2017Q1-Q4のデータおよびシンジケート調査データを合算)※5:出典:富士経済「ティッシュエンジニアリング関連市場の最新動向と将来性2019」。(2018年数量ベースの実績)※6:出典: Frost & Sullivan 調べ。(2018年数量ベースの実績)※7:出典: 株式会社矢野経済研究所調べ。(2019年8月時点)

CORPORATE

わたしたちは、たゆみない努力で
健康を願うすべての人々に新たな価値を創造し
豊かな社会づくりに貢献します

経営理念・ビジョン・価値観

HISTORY沿 革

2010年 パナソニックヘルスケアへ社名変更

2012年 三洋電気株式会社ヘルスケア事業 三洋電気よりヘルスケア事業を統合

2014年 パナソニックグループよりカーブアウトし、パナソニック ヘルスケアホールディングス株式会社を設立

2016年 バイエルAG糖尿病ケア事業 バイエルAGより糖尿病ケア事業を統合

2018年 パナソニックヘルスケアから社名・ブランド変更

2019年 サーモフィッシャーサイエンティフィック解剖病理事業 サーモフィッシャーサイエンティフィックより解剖病理事業を統合

2019年 株式会社LSIメディエンス 株式会社生命科学インスティテュートより株式会社LSIメディエンスを統合

2020年 診断・ライフサイエンス事業領域における連結子会社として、SciMed(Asia)Pet Ltdを統合 ヘルスケアサービス事業領域における連結子会社として、アメリエフ株式会社を統合

詳しい情報はこちら