Medicom

コラム
特 集 医療テック 経営アイデア
お役立ち情報
イベント・セミナー お役立ち資料
  1. PHC株式会社
  2. PHCメディコムTOP
  3. メディコムパークTOP
  4. 経営アイデアコラム一覧
  5. テナント開業を選択する際の留意点

クリニック開業 医師 2020.08.07 公開

記事をプリント
Twitter Facebook

テナント開業を選択する際の留意点

※本内容は公開日時点の情報です

#開業検討 #開業地選定 #事業計画

テナント開業を選択する際の留意点

ランニングコストが思わぬ負担になる場合も

人生で初めての開業を目指す先生にとって、いきなり新築・戸建てでクリニックを構えるというのは、経済面でのハードルがかなり高いもの。資金潤沢とは言えない方が大多数でしょうから、イニシャルコストが少なくてすむテナント開業に人気が集まるのも無理はありません。ただしその手軽さの裏返しとして、賃貸物件ならではの留意点もいくつか潜んでいます。そこで今回は、テナント開業を目指す場合にあらかじめ気をつけておくべきポイントについてお伝えしていきます。
まずは気になるお金についての留意点から紹介しましょう。テナント物件を闇雲に下見していると、どうしても条件の良い“高嶺の花”的物件に目移りしますが、その時考慮しなければならないのがランニングコスト。オフィス街の一等地ともなると、テナント料はもちろん、駅看板などの広告掲出料も住宅地に比べると割高です。テナント開業を選択しせっかくイニシャルコストを切り詰めたにもかかわらず、ランニングコストへの意識が欠如していると毎月の負担で相殺されてしまうのです。「掛け捨てのような形でこんなに大金を払うのなら戸建てにすればよかった…」と後悔しないよう、開院後の費用まで見越しておくべきです。

ランニングコストが思わぬ負担になる場合も

オーナーの意向やビルのルールで制約が出ることも

オーナーの意向やビルのルールで制約が出ることも

テナントで開院する場合、先生は一国一城の主といえど賃貸借契約上は大家から場所を借り受けている店子の立場。ビル独自のルールや制約が設けられているときは、それに従わなければなりません。クリニックの集患にも関わってくる事例としては、看板掲出の禁止があげられます。外観にこだわったデザイナーズビルにありがちですが、テナントの看板掲出を禁止している建物があるのです。綺麗なビルに入居できることは集患に繋がるメリットと言えますが、クリニックの存在自体を知られないのでは宝の持ち腐れになりかねません。
またビル管理の都合上、診療時間をこちらの自由に決められないこともあります。夜間や休日・祝日も診察することで他院との差別化を図るつもりでいたら、ビル共有部のセキュリティシステム稼動時間とバッティングするため患者がクリニックに入ってくることができない、などといった事態が考えられます。他にも、内装レイアウトの自由度が低かったり、設備の増設が気軽にできなかったりとハード面での制約も数多く見られます。契約後に気づいて唖然としないよう、下見の時点で管理会社およびオーナーに確認しておきましょう。

ビル診の特性をつかんだ上で物件を探す

テナント開業を選択する際には、いわゆる「ビル診」という営業スタイルの特性も把握しておかなければなりません。それは、「遠方からも患者が見込める」という反面「地域に根付きづらい」ということ。ビル自体に集客力がある場合や、交通アクセスの良い場所に立地している場合などは集患に非常に有利ではありますが、とくに高層階に位置していると「馴染みのお医者さん」という親しみ深いイメージを定着させるのは難しいといえるでしょう。もしご自身の理想が地域密着型の医療を提供することなら、たとえば一階路面などの入りやすくオープンな雰囲気の物件を探すなどして対処することが必要となってきます。
また、開院しようとしているビルにどんな業種のテナントが入居しているかは、必ず現場視察しておきましょう。煙や匂いが充満する焼肉店や、店の外まで騒々しいパチンコ店、あるいは妖しげな人物が出入りするような店舗などが同じフロアに入っていると、患者の足も自然と遠のきます。医療サービスを提供する場所としてはクリーンなイメージも相当に重要ですから、できれば開院時だけでなく将来にわたってそのような心配が必要ないビルを選びたいものです。

ビル診の特性をつかんだ上で物件を探す
  • メディコムのオンラインデモメディコムのオンラインデモ

経営アイデア記事一覧へ


イベント・セミナーEVENT&SEMINAR

お役立ち資料ダウンロード