NEWS ニュース

News

プレスリリース:PHCグループの経営理念、ビジョン、および価値観の策定について

2019年10月25日
PHCホールディングス株式会社

PHCホールディングス株式会社(本社:東京都港区、以下「PHCHD」)は、本日、PHCグループの経営理念、ビジョン、および価値観を新たに策定しましたので、お知らせいたします。

PHCグループは、糖尿病マネジメント、診断、ライフサイエンス、ヘルスケアサービスの事業領域において、付加価値の高い製品・サービスを提供しています。本年6月には、サーモフィッシャーサイエンティフィック傘下の解剖病理事業の買収手続きを完了し、現在、同社は、Epredia(エプレディア)の新たな社名のもとに事業を行っています。また、本年8月には、株式会社生命科学インスティテュートとの戦略的資本提携に基づき、傘下の株式会社LSIメディエンスの全株式を取得しました。この結果、PHCグループは、多彩な事業ポートフォリオに1万人以上の社員が携わる、グローバルヘルスケア企業へと進化しました。

この度、PHCグループは、この進化した私たちの姿をより明確に表現するため、経営理念(英語のみ更新)、ビジョンおよび価値観を策定しました。これらはPHCグループの方向性を定め、今後の成長をどのように実現するかを示します。また、PHCグループ全体に共通する目的・志・原則を掲げることに加え、各グループ会社を結びつける強みと信念を表しています。

・経営理念
わたしたちは、たゆみない努力で 健康を願うすべての人々に 新たな価値を創造し 豊かな社会づくりに貢献します

・ビジョン
グローバルの診断・ライフサイエンス、日本のヘルスケアサービスにおいて、ベストインクラスのプレシジョンとデジタルソリューションを提供するリーダーとなる

・価値観
多様性とチームワーク、イノベーション志向、チャレンジ精神、高い倫理観

PHCホールディングスの代表取締役社長兼CEOであるマイケル・クロスは次のように述べています。「PHCグループの新しい経営理念、ビジョン、および価値観は、この先何年かに渡り、私たちが将来の成功のために会社をどう変革していくかを表すものです。これらは、会社の目指す姿、そしてどのように実現するかを定めています。PHCHD設立以降、私たちの目的に変わりはなく、経営理念は当社グループの土台となっています。PHCグループの新しいビジョンは、私たちの現在の強みである精緻な技術と、ベストインクラスのデジタルソリューションを融合して提供するという将来への志です。また、グローバルの診断・ライフサイエンスと、日本のヘルスケアサービスにおいて、ソリューションを提供するリーダーになるという、私たちの目指す姿も表しています。この経営理念、ビジョン、価値観を実践することで、社会に価値を生み、患者さんの生活を改善し、その結果としてPHCグループに成長をもたらすものと信じています。」

PHCグループの経営理念、ビジョン、および価値観

詳細はこちら

<PHCホールディングス株式会社について>

PHCホールディングス株式会社は、2014年に設立され、傘下にPHC株式会社やアセンシア ダイアベティスケアホールディングス株式会社、エプレディア、株式会社LSIメディエンスなどを持つグローバルヘルスケア企業です。健康を願うすべての人々に新たな価値を創造し、豊かな社会づくりに貢献することを経営理念とし、糖尿病マネジメント、診断、ライフサイエンスおよびヘルスケアサービス事業領域において、開発、製造、販売、サービスを行っています。2018年度のグループ連結売上高は1,868億円、世界125カ国以上のお客様に製品・サービスをお使いいただいています。
www.phchd.com/jp/

お問い合わせ先

PHCホールディングス株式会社 コーポレートコミュニケーション部
電話:03-6778-5311

以 上

※プレスリリースの内容は発表時のものです。
 商品の販売終了や、組織の変更等により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。