PHC株式会社

Medicom Cloud クラウド型電子カルテ・クラウド型電子薬歴へ

Debut! 電子カルテ/電子薬歴との連携がSTART ! Medicom Cloud

電子カルテ/電子薬歴に実績のあるメディコムが、
クラウドサービスへ。

医療従事者がクラウドサービスに期待していること。

地図やスケジュールなど、私たちの生活は様々なクラウドサービスに支えられています。
医療においても、医療従事者の利便性を求めてクラウド化への動きが急速に進んでいますが、「クラウド化」することでどのようなメリットを期待されているのでしょうか。大きく分けて4つのポイントが考えられます。

4つのポイント

導入を考えると「クラウド化」するには不安が大きい。

従来のクラウド型電子カルテや電子薬歴は、クラウドサーバーのみで動作させるため、インターネット接続が切断されると業務の継続が不可能になるだけでなく、利用端末側のブラウザの条件や通信環境によって、操作や作業スピードに制限が生じるなどの課題があります。

デメリット

サービス全体をクラウド型にする必要は
あるのでしょうか?

安全・信頼はそのままに、利用環境に合わせた
クラウド対応ソリューション。 電子カルテには…Medicom Cloud 運用継続サービス

メディコムは、オンプレミス型運用を融合させたハイブリッド型電子カルテシステム※1で、通常時は医療施設内サーバーを利用することでスピーディに操作を行い、施設内サーバー障害時にはクラウド上のアプリケーションに切り替えることを可能とし、医療従事者が使いやすいクラウド提供を行いました。

※1 パテント出願中

メリット01 操作性の自由度とスピード維持

お客様のニーズに合った操作画面のカスタマイズが可能です。また、通常時はオンプレミス※2でのスピード感ある操作が継続できるのでスムーズなカルテ作成を維持できます。

※2 サーバーやソフトウェアなどの情報システムを、
使用者が管理している施設の構内に機器を設置して運用すること

操作性の自由度とスピード維持の解説図

メリット02 障害発生時に簡単なボタン操作で
クラウドのサーバに切替

通常時は施設内サーバーにより、通信環境やブラウザの影響を受けずにスピーディーに業務を遂行でき、万一、施設内サーバーに障害が発生した場合には、クラウドサーバーへ運用を切り替えることで、患者さんへの医療サービスの継続が可能です。
最新の医療データが通常クラウド上に複製保存されるだけでなく、状況に合わせて適切なサーバーによる運用を選択できます。

操作性の自由度とスピード維持の解説図

電子薬歴には…クラウド薬歴 DrugstarLead 服薬指導システム

メディコムは、時間と場所を問わないクラウド、多彩な機能による業務支援が可能なオンプレミス、
双方の特長を活かしたハイブリッド型システムで、変化に対応できる薬局運営を支援します。

メリット01 業務効率と機動力を向上

クラウド上に、薬歴データを保存し同期することで、“タブレットひとつで薬局内・薬局外のどちらでも薬歴の参照・入力”が可能となります。

紙薬歴に比べて、大幅に業務負担を軽減し、薬剤師の行動範囲も大きく拡がります。

業務効率と機動力を向上の解説図

メリット02 スマートなタブレットと
機能豊富なPCを使い分け

タブレット側では、かんたんな操作で初回アンケートから服薬指導、薬歴承認まで完結できます。
PC側は、“業務効率を改善するシンプルモデル”と、“患者リピート率を向上するハイスペックモデル”の2つの電子薬歴システムを取り揃えており、日々の業務を強力にサポートします。

スマートなタブレットと機能豊富なPCを使い分けの解説図

サービスのお問合わせ・資料請求