PHC株式会社

特長

DrugstarLeadが処方変更時の問題を解決します

患者さんの目の前で、おくすりの変更点を説明

従来の薬情や薬袋には、今回の処方情報しかないため、前回からの変更の際には、調剤室に薬剤の現物を取りに行って説明したり、薬情や薬袋に注意事項として手書きしていませんか?
手間をかけて説明しているのに、結局患者さんが覚えておらず、自宅から問い合わせの電話をかけてくるということもあるのではないでしょうか。DrugstarLead の「変更点薬情」がそのような問題を解決します。

●Point

前回処方(左)と今回処方(右)患者さん見せながら変更のある薬剤を写真で説明できます。帳票には薬剤師の氏名や写真、さらに患者さんへのメッセージ(薬剤師からのひと言)を加えて印刷することができます。

患者さんの目の前で、おくすりの変更点を説明

DrugstarLeadの活用で期待できる効果

DrugstarLeadの活用で期待できる効果

DrugstarLeadのその他の標準機能

「自己紹介」画面では、薬剤師自身の活動報告や経歴、また趣味などの話題をPRできます。「処方歴参照」はいつでもどこでも参照できるので、24時間対応などに活用いただけます。かかりつけ薬剤師のサポートにもご活用いただけます。

■名刺代わりにさりげなく自己PR
 ・患者さんが自然に覚えてくれる
 ・紹介項目は自由に編集可能
 ・写真や似顔絵で顔もアピール

自己紹介

■いつでもどこでも24時間対応に
 ・薬局外でのサポートに
 ・スマホ、タブレット、PCで
 ・メモ機能で記録を残せる

処方歴参照

システム連携

レセコンで変わる患者サービス

何より安全な服薬のために

保険薬局用コンピューターPharnesVと対面型薬剤情報システムDrugstarLeadをバンドルした商品をラインナップ。DrugstarLeadは、前回処方からお薬が変更になっているときに、前回処方と今回処方を薬剤写真付きで左右に並べて表示し、とくに患者さんが服用時に間違えやすい処方変更を視覚的に説明することができるシステムです。投薬カウンターにおいてタブレットやPC 画面での説明に加え、患者さんにお渡しできる帳票(通称:変更点薬情)を印刷することができます。

レセコンで変わる患者サービス

※PharnesV‐EX、もしくは PharnesV‐MXとのパック商品となります。PharnesV‐LXのパック商品はありません。

保険薬局用電子薬歴システム PharnesV-MX専用ページはこちら
保険薬局用コンピューター PharnesV専用ページはこちら


保険薬局向けソリューション導入事例

レセコン・電子薬歴やチェーン薬局様の事例を紹介します

PharnesV-MXは各種調剤機器の接続にNSIPSをご利用いただくことができます。

※NSIPSとは、日本薬剤師会が提案する薬局向けコンピューターシステム間の連携システムです。
※NSIPSは社団法人福岡県薬剤師会の登録商標です。(商標登録 第5214610号)

※「MEDICOM」および「メディコム」はPHCホールディングス株式会社の登録商標です。
※DrugstarLeadは東日本メディコム株式会社の登録商標です。
※DrugstarLeadの開発元は、東日本メディコム株式会社です。
※くすりの適正使用協議会開発の「くすりのしおり®」を使用しています。
※「くすりのしおり®」は、くすりの適正使用協議会の登録商標です。
※iPadは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※その他、本サイトに記載されている会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。

●本製品には、医療機器に該当する機能は含まれておりません。
●用量チェックや相互作用チェックなど処方監査に係るチェック結果は、医薬品の添付文書等の公知の資料に基づき参考情報としています。調剤に係る決定は、薬剤師の判断で行ってください。
●本製品を使用して医薬品に関する情報を提要する場合は、必ず薬剤師が内容の確認をした上で患者さんに説明を行ってください。
●医薬品の添付文書など医薬品に係るデータベースは、随時更新を行っておりますが、常に最新の情報を提供できない場合がございます。ご了承の上ご利用ください。
●本サイトに掲載の本体画面は、はめ込み合成写真です。実際の色調と多少異なる場合がございます。
●本サイトに記載の商品は、外国為替及び外国貿易法に該当するものがございます。従って日本国外に持ち出す場合には、各商品に添付される注意書またはと取扱説明書をご確認の上必要な手続きをお取りください。
●システムを常に最適な状態でご使用いただくために、ハードウェア・ソフトウェアのメンテナンスサービスのご契約をお願い致します。なお、ハードウェアの補修用性能部品は、ハードウェア商品の生産終了後5年保有しています。