Medicom

  1. PHC株式会社
  2. PHCメディコムTOP
  3. 導入事例
  4. かねここどもクリニック様

かねここどもクリニック様(愛知県北名古屋市)

イメージ

かねここどもクリニック 院長金子 淳 先生

標榜診療科
小児科、小児循環器科、小児アレルギー科

※本内容は公開日時点の情報です

目 次

「Medicom-HRV」と「YaDoc」で実現する“患者さんと手をつなぐ”医療

かねここどもクリニック

「私の原動力は子どもの笑顔」と言う、金子淳先生。小学生の頃にお世話になった“かかりつけ医”に憧れ、小児循環器専門医となったそうです。そして総合病院の小児科部長を経て、「もっと子どもの近くにいたい、ジェネラリストとして様々な病気を診たい」という思いから、平成30年にクリニックを開院しました。
その金子先生が、目指す診療の実現のために選んだのは、メディコムの診療所用電子カルテシステム「Medicom-HRV」とオンライン診療システム「YaDoc」です。

「Medicom-HRVは院内に設置したエコー・血液検査・心電図などの検査機器との相性もよく、動きがスムーズで画質も高い。ディスプレイも鮮明で、ストレスがありません。子どもは体重換算で薬の処方を行いますが、ワンクリックで計算できるので診療がスピーディ。電子カルテ経験のなかった事務スタッフはトレーニングが必要でしたが、入力を間違えると自動チェック機能でアラートが出てすぐに修正でき、レセプトも短時間で仕上げられ、取りこぼしもありません。今では毎日の診療の流れに合わせて、ごく自然に使用しています」
「Medicom-HRV」は、蓄積した数値を素早くグラフ化できるため患者さんからの評判も良いそうです。
「例えば肥満傾向の子どもの身長・体重の変化や肺炎の経過の検査画像などを並べて表示して説明すれば、保護者に納得・安心していただけます。小さな子どもも目で見てわかるので、治療に対して前向きになってくれるのです」
 開院以来、順調に患者数が増えていた「かねここどもクリニック」ですが、COVID-19が広がると、二次感染が怖いという理由で患者数が激減。危機感を抱いた金子先生はオンライン診療を検討し、令和2年5月に電子カルテ端末ですぐに始められる「YaDoc」を導入しました。
「初めは“オンライン”に抵抗が…。医療は対面して・視て・触れて・聴いてが基本、オンラインで診療が成り立つのか?コミュニケーションが取れるのか?と疑問でした」 しかし、導入してみると、オンライン診療は「うまく使うことで診療の幅を広げるもの」だと気付いたそうです。
疾患と関係が深い住環境や、診察室とは異なる子どもの自然な姿を見られるのはオンラインならでは。また、昼休みや休日でも「YaDoc」を介して気になることを相談できる“よろず相談”を開設したことから、患者さんとのコミュニケーションの機会が増えました。
「YaDocは患者さんとの関わりを深くできるシステム。患者さんと“手をつなぐ”ことができ、治っていくのを見届ける“途切れない医療”を実践するために、非常に優れたツールです」
現在は電子カルテを使いこなし、1日最大10名程度のオンライン診療を行っている金子先生ですが「実はIT系は不得意」と笑います。「IT化の一番の壁は、 “できない”という心。私も苦手意識から気持ちの中に壁を作っていたのが、一番大きなハードルでした。しかし、Medicom-HRVやYaDocは導入してしまえば操作は簡単で、患者さんにも好評。サポートがしっかりしているので、困ったら聞けばいい!と思えば気が楽です。他社の予約システムと問診システムも導入しているのですが、Medicom-HRVを中心に非常によくまとまり、使いやすいと思います。経費面も含め、マイナス点は思い当たりません」
クリニックのIT化によって、患者さんとの距離を縮めている金子先生。 「Medicom-HRV」と「YaDoc」が「子どもの近くにいたい」という理想の実現に役立っているのではないでしょうか。

電子カルテ導入の決め手

業界トップシェアで多くの先輩医師が導入・活用している安心感

クリニックを開業している先輩医師たちに「電子カルテは何を使用しているか?」と尋ねたところ、全員の答えが「Medicom-HRシリーズ」。先輩のクリニックで実際に見せてもらい「これは使える」と思えたため、他と比較検討することなく導入を決めたそうです。

導入メリット 1 Medicom-HRV

自分のくせに合わせたカスタマイズで効率化が可能

「Medicom-HRVは、アレンジしてつくり上げていける便利なツール。自分の診療のくせに合わせてカスタマイズできます」と金子先生。
疾患の種類が増えた場合や、COVID-19のようにその時々で流行が変わる疾患に対応して検査や処方の内容を作成し、より使いやすく改良していくことが可能です。
「あらかじめカスタマイズしておいた項目や定型文はワンクリックでカルテ上に反映でき、文章を多量に打ち込む必要がありませんし、打ち間違いもありません。診療が効率化でき、患者さんに向き合う時間を長くとることが可能になりました」

導入メリット 2 YaDoc

患者さんの負担を軽減し、集患の強みにつながる

金子先生はオンライン診療を次の診療までの“つなぎ”として活用し、「こちらから発信して患者さんにアプローチしています」と言います。予約が入るのを待つだけではなく、気になる患者さんにはクリニックでの診察後、次回診察日の前にオンライン診療を提案。体調の悪い子どもを何度も病院へ連れて行く保護者の負担を軽減でき、安心感を持っていただけます。また、ご自身にとっても診察後の患者さんの状態をフィードバックしていただくことで勉強になっているそうです。
「オンライン診療ができるということは、来院のきっかけづくりや、集患の強みにもつながっていくのではないでしょうか」

かねここどもクリニック

「Medicom-HRV」と「YaDoc」で患者さんに寄り添い、地域の人々とつながりたい

「私は患者さん=子どもをきちんと診て、病気が治るよう導きたいと思い医師になりました。Medicom-HRVとYaDocを使えば、途切れることなく患者さんに寄り添うことができます」と金子先生。現在、クリニックのある北名古屋市地域には約1万人弱の子どもがいますが、「みんな繋がる」のが理想だと言います。「将来的にはYaDocのシステムを活用し、患者さんだけではなく様々な人と繋がって、地域一丸となった子育てができればと思います。考えるだけでワクワクしますね」

かねここどもクリニック

診療科目:内科/小児科、呼吸器/循環器/消化器

住所:愛知県北名古屋市鹿田西赤土86

HRシリーズ(電子カルテ)の
導入事例

導入製品のご紹介

HRシリーズ
(電子カルテ)

「単純な業務ミスが生じる」「業務の品質が定着しない」「患者と向き合う時間が少ない」「レセプト業務で疲弊してる」という悩みをMedicom-HRfが解決します。

イメージ