Medicom

  1. PHC株式会社
  2. PHCメディコムTOP
  3. 導入事例
  4. みんなの薬局 南熊本店様

みんなの薬局 南熊本店様(熊本県熊本市中央区)

イメージ

株式会社KMK 代表取締役内田 幸一 先生

導入製品
PharnesVシリーズ

※本内容は公開日時点の情報です

目 次

“For The Patient”――メリットを患者さんに還元し信頼を繋げる

熊本県熊本市にて、2014年12月に1店舗目、2021年11月に2店舗目となる南熊本店を開局した「みんなの薬局」は“未来のかかりつけ薬局”を目指し、患者さんに寄り添う薬局経営を目標としています。代表を務める内田幸一先生は、元々製薬会社にて30年間営業の仕事をしていました。働く中で「薬を届けた患者さんと接し、ありがとうと言ってもらえる嬉しさ」に気づき、メーカーとして薬を届けるよりも直接患者さんと向き合う薬局薬剤師へ転身しました。

「地域と連携し、尊敬するドクターや患者さんとの信頼関係を大切にしていきたいですね。ドクターと薬剤師が関わることで、患者さんにとって1+1が3にも4にもなるような服薬指導や提案をできたらと考えています」と語る内田先生。経営上のさまざまな課題に対しても、“For The Patient”を第一に掲げ、患者さんの満足度向上を考えながら対策を行っているそうです。

「南熊本店を開局するにあたり、第一に、患者さんの待ち時間を減らしたいと考えました。例えば、機械でできることは機械を使用する。スピードも含め、正確や安全性など全て理にかなっていますからね。うちは高齢の患者さんが多く、一人で処方箋を4、5枚持ってくる方もたくさんいらっしゃいます。調剤の負担だけではなく、薬歴記入や服薬指導の時間確保にもつながるので、最先端のシステムを積極的に導入しています」という言葉通り、散薬の自動調剤ロボットや、PTPの自動除包機、監査システムなどが調剤室内で稼働しています。

こうしたICT化が従業員のモチベーションアップにもつながっているというお話も伺いました。「月に1回、薬局で研修を行っています。可能な限り経営状態をクリアにして、みんなで納得できる形で仕事ができたらと考えています」と語る内田先生。キャリアアップのフォローとしては、登録販売者の資格取得支援や認定実務実習薬剤師の資格取得支援などを行っています。「何かの事情で転職したとしても、”みんなの薬局で働いてよかったな”と思ってもらえるような薬局にしたいですね」と内田先生。最近では12月に登録販売者の試験に2名の事務員が受験し、熊本の合格率43%だった中、2名とも合格しました。これで事務員4名中3名が登録販売業の資格を取得できました。患者さんに対しても従業員に対しても、ICT化を通して生まれたメリットを還元し続けています。

メリットを患者さんに還元し信頼を繋げる

Pharnesで効率的にオーダーメイドの処方を管理

みんなの薬局 南熊本店では、開局時から『Pharnes』の利用を始めましたが、他サービスにはないメリットを感じているそうです。処方箋のほとんどが、内科・脳神経外科という南熊本店。ドクターならではのこだわりもあり、調整方法や飲み方の注意点など患者ごとに個別の記入が必要なことも多いという特徴があります。「薬袋発行画面上で、用法やコメントを編集し、カスタマイズできることに助かっています。さらに、『Pharnes』では過去処方の比較が色分けされており、入力画面ですぐに添付文章が確認できます。従業員誰にとっても見やすいので投薬時の待ち時間短縮にもつながりますし、何か困ったことがあってもサポートが早くて助かります」と使いやすさを教えてくれました。

また、経営者やレセプト管理の目線からも、『Pharnes』を使用するメリットがあるそうです。「薬剤料や技術料など、経営者として管理すべき部分が見やすいのは助かりますね。あと、うちは生活保護の患者さんが多いので、レセプト請求するときに行政区で分ける必要があります。『Pharnes』では生保負担者番号毎に改ページ表示できるので助かっています」と語り、経営者として月々の集計画面の豊富さを評価します。

レイアウトの見やすさや使いやすさ、細かい部分にも手が届く多才な機能により、薬局業務効率化に繋がっているようです。

Pharnesで効率的にオーダーメイドの処方を管理

在宅医療の強化を目指し、更なる地域密着型薬局へ

「後発品不足や在庫管理など、経営上改善したい部分は色々とあります。ただ、薬局としては高齢患者さんの服薬フォローのために、在宅医療の件数を増やしたい思いが強いです」と話す内田先生。内科・脳神経外科の高齢患者さんが多い特色として、「さっき聞いた内容が分からなくなってしまった」という高齢患者さんからの電話問い合わせや、薬局でたくさんの低カロリー食品を購入する患者さんが目立つそうです。「来局した翌日や翌々日にもう一度電話して具合を聞いたりしているのですが、ありがとう、嬉しかったよという声を聞くと、やっぱりよかったなと思います。ドクターや患者さんに対して積極的に在宅医療を提案し、患者さんへの接し方をさらに充実させたいですね」

患者さんの満足度向上を第一に、課題解決と試行錯誤を続ける「みんなの薬局 南熊本店」。患者さんファーストの経営理念と、地域に根付いた取り組みで、さらなる地域密着型薬局を目指します。

在宅医療の強化を目指し、更なる地域密着型薬局へ

みんなの薬局 南熊本店

住所:熊本県熊本市中央区南熊本2丁目9-4

PharnesVシリーズ(電子薬歴)の
導入事例

導入製品のご紹介

PharnesVシリーズ
(電子薬歴)

薬局業務の効率化と患者さんの満足度向上に貢献。メディコムは最新のITのチカラで保険薬局をサポートします。
起動時に表示される選択メニュー画面では、カレンダー、配信情報、統計情報、長期投薬患者一覧を表示。かんたん操作による処方箋入力、薬局経営をサポートする豊富な帳票など、さまざまな機能で保険薬局業務を強力にサポート。

イメージ