PHC株式会社

クリニック開業コラム

開業スケジュールの概要

スケジュールを大局的に見ることの重要性

開業の準備期間中は、あれもこれもと大忙し。些細なことに忙殺されるあまり重要事項の判断が軽はずみにならないよう、事前にスケジュール概要をつかんでおきましょう。もちろん実際の日程はケースバイケースにはなりますが、おさえるポイントは概ね共通しています。やるべきことを体系的に整理し、大局的な視点で捉えておけば、思いがけない事態に直面しても柔軟に対応できるというもの。今回は以下の図を使い、全体の流れとポイントをチェックしていきます。

イメージ

イメージ

場所決めと資金調達が開業準備のヤマ場

イメージ

先ほどの図でも確認できるように、開業の具体的な準備は「開業地の選定」と「資金調達」から始まります。「いきなり大変そうだな」と思われた先生が多いのではないでしょうか。事実、開業スケジュールは開始早々にクライマックスを迎えます。実は「開業準備は最初が肝心!」と肝に銘じていただくことも、スケジュール概要をお伝えする大事な目的の一つ。なぜなら「良い場所が見つかったら、その条件に合わせて資金計画を立てるか…」というような漫然とした考え方では、理想の開業地に巡り会うことも、スムーズな資金調達も困難だからです。詳しくは今後のコラムで解説していきますが、資金計画の予算内で開業地を検討しつつ、有力候補地が見つかればすぐに金融機関と交渉に入れるよう態勢を整えておく必要があります。「開業地選定」と「資金調達」。この2つこそが開業準備の“ヤマ場”であると覚えておいてください。

スケジュール後半はハード面とソフト面の準備

開業地も決まり資金のメドもついた、となれば準備は後半戦に突入です。一戸建て開業であれば建築設計、テナント開業であれば内装デザインの発注を皮切りに、医療機器や什器選定も含めた施設ハード面の準備を行っていきます。ハード面の段取りがついたら、広告や人材などのソフト面でラストスパート。新規開業クリニックには欠かせない折込チラシ・ホームページなどのPRツールや、医療の質を左右するスタッフの採用・研修、そして開設手続き等がこれに該当します。ご自身が設定された開業時期を図に当てはめ「何の作業をいつやるのか?」を具体的にイメージしておくようにしましょう。 ただし、電子カルテ導入を想定している場合は、なるべく早い段階で選定を始めて下さい。メーカー選びだけでなく、操作の習得にもある程度の時間をかけておかないと、開業時の診療に支障が出かねません。施設ハード面の準備と同時に選定に入ると、余裕を持って検討・導入ができるでしょう。なお、メディコムの「電子カルテシステム」は、その使いやすさや見やすさから、これまで数多くの先生方の支持を得てきました。メディコム商品ラインナップはこちらからご確認いただけます。

イメージ

開業成功ポイントの一覧へ戻る

最新記事のポイント

トピックス

診療所向け電子カルテシステム/医事会計システム
診療所向けソリューションのご紹介
シェアNo.1。導入からアフターケアメンテナンスまで全国ネットにサポートします。

※「MEDICOM」および「メディコム」は、PHCホールディングス株式会社の登録商標です。