PHC株式会社

クリニック開業コラム

金融機関を納得させる事業計画

事業計画の原型は頭の中に

「融資を受けるための事業計画」と聞くと、なんだか小難しい専門的なもののように感じられる先生もいらっしゃるでしょう。あるいは「どう計画を立てればいいのかサッパリ分からない…」というご意見もちらほら。ですが必要以上に難しく考えることはありません。最終的には税理事務所やコンサルティング業者などの手を借りて立派な書類の形になるかもしれませんが、そもそもはクリニックにかける先生の想いや将来の展望を伝えるためのもの。つまりその原型はすでに先生の頭の中にあるはずなのです。まずは箇条書きレベルで良いので、ご自身が開業することの意義やクリニックの将来像、収益目標などについて書き出し、整理してみましょう。文章化・数値化することで、漠然としていたプランがだんだんと姿を現していくことでしょう。もし計画書の作成を業者に依頼するつもりでも、このアイデア整理の行程だけはぜひご自身でなさって下さい。より精度の高い計画書が最初から期待できますし、融資の審査面談時にも慌てることなく受け答えが可能となります。

イメージ

計画は徐々に練り上げていく

イメージ
頭の中の整理がついてきたら、事業計画の大枠を策定してみましょう。もちろん、いきなり完璧なプランを目指さなくても結構です。「どこから見ても隙のない構想にせねば」と肩肘張るのではなく、まずは「計画の足りない部分を発見するため」ぐらいに捉え、お知り合いの開業医やコンサルタントなどに相談しながら練り上げていくことをお薦めします。大雑把に言うと事業計画は、経営基本計画・資金計画・収支計画から構成されます(もっと細分化する考え方もありますが、最初はこのぐらい大まかに捉えていた方が分かりやすいでしょう)。経営基本計画とは、経営理念や診療内容、開業場所など、クリニックの根幹に関わる構想部分。「なぜこの場所にクリニックを開設するのか」「どのような診療で地域に貢献しようと考えているか」が明確に伝わるようにしておく必要があります。同様に、資金計画・収支計画には、「開業にあたって、何にいくらのお金が必要か」「それらをどう調達するのか」「どれくらいの利益が見込めるか」「返済スケジュールはどうなるのか」などについて明らかにしておかなければなりません。バックナンバー(『初期投資と運転資金』)も参考にして下さい。

貸し主の視点で計画を検証

これまでの実績がないため、創業時の事業計画は「未来予測」の側面が非常に強くなります。すなわち融資を受けようとする際は、担当者を説得できるほどの客観的な根拠が必要だということ。しかしだからといって「お金のプロを説き伏せるなんて…」と匙を投げることはありません。逆に先生が開業志望者へご自身の資産からお金を貸すとしたら…、と想像すると良いでしょう。クリニックの優位性や将来性、利益率や返済能力について具体的な数字の裏付けが欲しいと思うはずです。この「貸し主サイドに立った時に自然と湧き上がる疑問」について妥当性のある解答を先回りして用意しておくことが“融資成功率の高い事業計画”の秘訣と言えます。確かな予測の数々で綿密に練られたプランほど、実現可能に思えるものです。ご自身の事業計画をチェックする際は、借り主だけでなく、貸し主の視点でも検証しておくことを強くお薦めします。

イメージ

資金・物件・リースの一覧へ戻る

最新記事のポイント

トピックス

診療所向け電子カルテシステム/医事会計システム
診療所向けソリューションのご紹介
シェアNo.1。導入からアフターケアメンテナンスまで全国ネットにサポートします。

※「MEDICOM」および「メディコム」は、PHCホールディングス株式会社の登録商標です。