PHC株式会社

クリニック開業コラム

患者との接し方でクリニックの評判は変わる

医療施設にとっても評判が非常に重要な時代

外食がお好きな先生であれば、レストランや居酒屋を選ぶ際にインターネットの口コミサイトを利用した経験のある方は多いのではないでしょうか。店は客のレビューによって点数で評価され、ランキング順に表示できることがほとんど。訪れたことのない店の評判を知りたいときなどに使ってみると、実に便利なサービスです。ですが開業医を目指そうという方なら、このサービスを「評価される側」から捉えてみることも必要です。というのも同じような仕組みの医療施設口コミサイトが近年利用者数を伸ばしているからです。20年以上前であれば患者同士や地域住民の間でささやかれるぐらいだった「病院・クリニックの評判」が、IT技術で可視化され誰でも知ることができるようになっているのです。以前とは「評判の重要性」が比べものにならないほど高まっている情報化社会において、クリニックの価値を下げないようにする手だてはあるのでしょうか。

患者との接し方でクリニックの評判は変わる イメージ

医療施設を接遇面で評価する患者は多い

患者との接し方でクリニックの評判は変わる イメージ

医療施設口コミサイトで数々のコメントを読んでみると、診察内容や設備に関するものよりも医師・スタッフの接遇に関するものが目立つことに気づかされます。つまり口コミを寄せる患者にとって「自分がどう扱われたか」という点が、その医療施設を評価する際に大切な要素なのです。診察スキルの改善や新たな設備投資をすぐ行なうことは難しいかもしれませんが、接遇面の見直しでクリニックの評判が上がるのなら試さない手はありません。
開業医およびスタッフの言葉遣いについては、以前(バックナンバー:『クリニック内での言葉遣いには気をつけて』参照)ご紹介したため、それ以外の接遇について注意すべき点をお伝えしていきましょう。まずは、明るい笑顔と清潔感のある身だしなみはサービス業の基本中の基本。大声での会話や私語を慎むのも同様です。また、いくら多忙であってもそれをあからさまに表情に出してしまうのはプロフェッショナル失格。とくに患者との対話時はしっかり目を見て耳を傾け、「あなたのためにきちんと時間を割いていますよ」という姿勢が伝わるようにしましょう。

ホスピタリティにあふれる接遇を心がけたい

クリニックの第一印象を良くしたいのなら、受付の接遇レベルをアップさせるのが近道です。受付スタッフは医療従事スタッフと情報共有し、すべての患者名と症状を覚えておくと良いでしょう。人間同士のふれあい・温かみを感じる接遇に繋がるはずです。また、プライバシーにも充分に気をつけておきたいところ。たとえば診察の際に服を脱いでもらったりすることはクリニック側からしてみれば日常茶飯事ですが、多くの患者にとってはそうではありません。他の患者の視線に触れないようにするなどのちょっとした配慮が、クリニックやスタッフへの信頼感を生んでいくのです。
開業医となった際に気を配りたい接遇マナーはここであげた以外にも数多く存在しますが、そのすべての根幹にはホスピタリティ、つまり「他人に対する心づかい」が息づいていなければなりません。表面だけを取り繕うのではなく、病気やケガで弱っている患者の身になって考えること。その想像力を医師とスタッフで育むことで、接遇に魂が宿ります。誰に指摘されるでもなく、内から湧き上がる思いによって全員が行動できるようになった時、クリニックの評判は素晴らしいものになっていることでしょう。

患者との接し方でクリニックの評判は変わる イメージ

集患対策の一覧へ戻る

最新記事のポイント

トピックス

診療所向け電子カルテシステム/医事会計システム
診療所向けソリューションのご紹介
シェアNo.1。導入からアフターケアメンテナンスまで全国ネットにサポートします。

※「MEDICOM」および「メディコム」は、PHCホールディングス株式会社の登録商標です。