PHC株式会社

クリニック開業コラム

信頼に足る税理士の条件とは?

クリニックにとって税理士は強い味方となる

突然ですが、「勤務医として昨年支払った税金の額は?」という問いに答えることができるでしょうか。「普段はあまり意識しないから分からない」という方が少なからずいらっしゃることと予想されますが、独立し開業医となると税金に無頓着なままではいられません。毎年、確定申告の時期を迎えるたびに「こんなに支払うのか」「なんとか節税できないか」「どこまで経費として扱っていいのか」などと頭を悩ませることになるのです。
そんなとき、開業医の強い味方となってくれるのが税理士。彼らに任せておけば、不慣れな申告業務に時間をとられることもなく、適切な節税対策も指南してくれます。また申告以外についても、業績の数値管理を通じてクリニック経営の分析と今後のアドバイスまで行なってくれることも。となるとぜひ優秀な税理士を探し出し悩み事を相談したいところですが、もちろん誰でもいいという訳にはいきません。その業務の性質上、全幅の信頼を置ける人物でないと新たな心配事を抱えることにもなりかねないのです。では「信頼に足る税理士」を見つけるには、どんな点に注視すべきなのでしょうか。

クリニックにとって税理士は強い味方となる

そもそも仕事ができなければ信頼するには至らない

そもそも仕事ができなければ信頼するには至らない

まずはこちらの期待した、いや時にはそれ以上の働きをしてもらわねば話になりません。わざわざお金を払って雇うのですから、クリニックにとって有益な税理士でなければ信頼に値しないのは当然です。その点を見極めるポイントとして重要なのが、その税理士が受け持つ顧問先。税理士にも得意不得意な分野が存在します。医療はどうしても専門性の高い分野ですので、クリニックや病院など、医療機関を数多くクライアントとして持っている(あるいは持っていた)人の方が安心して仕事を依頼できるというもの。最近では医療経営に特化した会計事務所もあり、そのニーズの高さがうかがわれます。
また月次試算表をきちんと作成し、毎月の経営成績や財務状態について報告を欠かさない人を選びましょう。確定申告の時期に一括して提出する税理士もまれにいますが、それでは「月次」である意味がありません。ただ、試算表の数字が示す意味を正確に読み取り、その後のクリニックの進むべき方向についてまでアドバイスをもらうとなると、コンサルタントとしての業務領域にも重なってきます。任せる仕事の範囲によって顧問料は大きく増減するため、料金を明確に提示してくれる税理士の方がいいでしょう。場合によっては見積りを要求してみるのもお薦めです。

開業医と税理士の付き合いは、人と人との付き合いでもある

また、仮に税務調査を受けることがあっても、税務官側でなくクリニックの味方をしてくれるような税理士でなければ困ります(もちろん社会通念の範囲内で)。そのためには、クライアントのことを親身になって考えてくれる人物かどうか、その税理士と付き合いのある人たちにリサーチするなどして確認しておくといいでしょう。たとえば「専門的な経理用語の一つひとつを噛み砕いて説明してくれる」「本当に必要な時には、夜遅くや土日もいとわず動いてくれる」といったように、顧客本位な仕事ぶりであれば評価できるのではないでしょうか。
開業医と税理士は、クリニックの懐事情のすべてをさらけ出しての付き合いとなります。口が堅いのは当然のことですが、先生ご自身との相性の良さもどうぞ重要視なさってください。人生観や仕事に対する姿勢などに共感できる相手、互いに尊敬し合うことのできる相手を見つけられることを願っています。

開業医と税理士の付き合いは、人と人との付き合いでもある

労務管理の一覧へ戻る

最新記事のポイント

トピックス

診療所向け電子カルテシステム/医事会計システム
診療所向けソリューションのご紹介
シェアNo.1。導入からアフターケアメンテナンスまで全国ネットにサポートします。

※「MEDICOM」および「メディコム」は、PHCホールディングス株式会社の登録商標です。