導入事例(Yクリニック)

導入事例 CASE STUDIES

Yクリニック

【山口県】

  • 他社システムからの切り替え

困ったときに相談でき、迅速に対応、問題解決していただけるサポート体制はどんな機能にも代えがたい最大のメリットです。

クリニックイメージ

メディコムの電子カルテに切り替えた理由を教えてください。

開院当初は他社の電子カルテを導入しており、効率性を重視し検査機器の連動などパソコン機器なしでは診療が進まないシステムになっていました。便利な反面、トラブル時に素早く対応してもらえない、コールセンターにつながらないなど、トラブル解決に苦労が絶えず、トラブル時には診療がストップし、レセプトなどにも支障が出ていました。当然スタッフ全員がパソコン機器に精通しているわけでなく、自院だけでの対処には限界がありました。

また、年々変わる医療情勢や労働形態の変化などで、さらなる効率化や利便性を求められる場面が度々ありましたが電子カルテの素人にはアイデアも対応方法も機能の指導、新たな提案なしでは変化に対応することができませんでした。以前のシステムではそういった変化にシステム的に対応が難しかったこと、人的サポートが希薄であり相談もままならないことでいつも職員たちが自分で何とかしなければとトラブルを恐れていた点が一番のネックになっていました。
そして、多機能であるゆえに逆に操作が難しくなり、画面の展開も多く、カスタマイズがうまくいかなければ手間がかかるだけで複雑な電子カルテは扱いが厄介であることを痛感しておりました。そこを解決すべく、カルテ移行は簡単ではないことは十分覚悟の上、PHCへのカルテ移行、導入に踏み切りました。

クリニックイメージ

電子カルテの使い勝手はいかがでしょうか。

PHCの電子カルテは使う医療者の気持ちがよく考えられた機能が多いと色々な場面で感じます。慣れればカルテ入力に余計な操作が少ないため、年齢層を問わず、パソコン操作が苦手な職員にも受け入れられやすいように思います。ノートを開くように、メモを張り付けるようにカルテの作成ができています。もちろん操作の練習は必要ですし、覚えなくてはいけませんが、すっと記憶に残るような合理的な機器的な配置や操作、何よりインストラクターさんの丁寧な人的サポートが、快適な電子カルテの稼働を実現していると思います。
基本操作に加え、指導の中で様々なショートカットの方法を習うことができ、マウスを使わずにキーボード上のボタン一つで会計まで終了できるなど、とにかく手間を減らすことを一緒に模索し指導してくださることが一番助かっています。まずは自院の特徴やスタッフの特性、要望、その都度のカスタマイズでさらに便利になることを知ってからはこんなことできないかな?とスタッフからも自院のシステムを善処しようとアイデアがたくさん出るようになり、実際それを真剣に考え、提案してくださっています。多機能であっても宝の持ち腐れになっていた以前の電子カルテとは違い、今の業務の簡略化、快適さをPHCメディコムネットワークスの方々がまずは十分なリサーチの元、私たちの意見を大切にオリジナルな電子カルテの作りこみを丁寧にしていただいた賜物と思っています。

メディコムは、他社製品と比較してどのようなところが優れていましたか。

以前の電子カルテはレセコン一体型とは言いつつ、電子カルテから会計までに開く画面の回数が大変多く、事務の業務は人によるパソコン操作のスピードや個々の処理能力に頼るところがかなり負担になっていました。実際にはレセプトと電子カルテが切り離されているといっても過言ではない印象でした。レセプト送信までに相当な時間と手間がかかり、検査データ入力に何度も画面を行き来しなくてはならない、エラーチェックの抽出や入力業務はとにかく人員と時間を要し、本来の業務の中でかなりの比重が雑務になっていました。
PHCの電子カルテは本当の意味でレセコンの一体型ができているため、1画面で診療、会計、レセプトなど作業をこなすことが可能となりました。エラーチェックも会計前に表記されるため同時に病名入力ができます。血圧計や検査機器との連携ができることで、データも自動入力ができるようになり、業務が大幅に軽減され人員の少ない時期や繁忙期にも残業することなく対応ができるようになりました。また、混雑時の診察受付から会計までが大変シンプルで十分カスタマイズがされているので、待ち時間が大幅に時短することに貢献しています。

            
クリニックイメージ
            

また毎月の保険証の取り込み保存機能、膨大な紹介状や外部検査などのスキャナー取り込みの操作が格段に楽になりました。なにより、困ったときに相談でき、迅速に対応、問題解決していただけるサポート体制は前社と比べどんな機能にも代えがたい最大のメリットでした。前社の対応では電話もなかなかつながらない事も多く、コールセンター対応で当院の特異性を把握しない一辺倒な返答のため解決しないまま何日も問題を抱えることが多くありました。他機器と連動すればするほど複雑化するため、当院を担当し現状を知った方が必要なトラブル時でも、電話の折り返しはおろか、別担当者をたらいまわしにされ、まったく解決しないまま当院スタッフが時間外までパソコンの前で右往左往しなければならない状態でした。PHCメディコムネットワークスのサポートを受けて、これがいかに異常なトラブル対応かを知ったわけですが、それまではすべてのトラブルにおいてビクビクし、自分でパソコンをどうにかしなければならないという怖さは尽きることはありませんでした。停電や災害を考えるときっと何の対処もできない会社では、当院が危機を回避することはできないと半ばあきらめ、災害時のアナログのシナリオも想定していたほどです。この怖さはもう二度と味わいたくないと思うゆえ、移行した今はどれだけ骨が折れる作業でも、思い切って電子カルテを変えることは将来への投資になると考えます。

            
クリニックイメージ

今後開業をされるドクターに向けてアドバイスをいただけますか。

開業準備の際の電子カルテの位置づけは、稼働前ゆえに想像上の診療方法であり現実味がなく、もしかしたら建物やその他医療機器の選択に忙殺されて重要度が二の次になってしまうかもしれません。会社ごとの特徴はそう簡単にはつかめず、決めることが多すぎる開業時の余裕のなさから、数少ないデモンストレーション、営業さんの謳い文句、レセプト点検高機能や価格などで決断を迫られます。
実際に稼働すると、あっさり決めてしまった電子カルテが、実は日々の業務の心臓部であることに当院も後で気づかされました。壁紙やカーテン、必要物品、時には医療機器にこだわるより時間を十分にかけて考えなければならない一番大事なものかもしれません。なぜなら変更や交換がここまで膨大で厄介な物はないのではないか、というほどカルテは後から変更するのが大変だからです。サポート体制の良さ悪さが医師だけでなく職員全員のストレスに影響することも多々あり、他機器との連動が可能かどうも今後の自院の医療を大きく左右します。また、電子化された医療現場では、圧縮された業務内での昨今の働き方の問題にも直結します。いかに良い機能を前面に出されたとしても、トラブル対応やカスタマイズのサポートなしでは機能を生かしきれません。そこをどのようにサポートされているか、シェアはどのくらいなのか、他の医療機器との実績はどの程度あるのかは絶対に外せない決定時のポイントになると思います。

            
クリニックイメージ

最後にひとことお願いします。

いつも丁寧に、迅速に対応してくださり本当に安心して日々を過ごしております。移行時は全力でサポートしてくださり、今もちょこちょこ出てくる問題点を一緒になって解決してくださる姿勢に信頼を寄せております。電子カルテは当院の中心であり、そこを支えてくださるPHCメディコムネットワークスのスタッフの方は当院の大切ななくてはならないメンバーです。今後ともよろしくお願いいたします。