REMOTE DIAGNOSIS オンライン診療導入ガイド

世界保健機関(WHO)は3月11日、新型コロナウイルスの感染拡大について、世界的な大流行を意味する「パンデミック」に分類され得ると発表されました。

医療サポートの需要はますます拡大する事が予想されますが、新型コロナウイルス感染症の、一刻も早い終息に繋がることを願っています。
当社では、オンライン診療を一つの方法と考え、正確な情報を提供する活動しかできませんが、少しでも早く皆様にお伝えできるよう努めてまいります。情報は、オンライン診療のサービスを提供・サポートしている、インテグリティヘルスケア社の全面協力により、収集・発信をしております。

新型コロナウィルス関連情報

2020年4月10日に厚生労働省より発表された「新型コロナウイルス感染症の拡大に際しての電話や情報通信機器を用いた診療等の時限的・特例的な取扱いについて」により、慢性疾患にかかわらず、既に対面で治療中の疾患がある患者さんについて電話や情報通信機器を用いた診療が可能となりました。さらに、初診から電話や情報通信機器を用いた診療が可能となりました。(医師の責任の下で医学的に可能であると判断した範囲において可能) 参照:「新型コロナウイルス感染症に係る診療報酬上の臨時的な取扱いについて(その10)」

関連する通知や事務連絡、その他の関連情報は、厚生労働省ホームページに随時掲載されています。 厚生労働省ホームページはこちら

コロナウイルス感染拡大防止に
オンライン診療の活用を検討中の
みなさまへ

感染症対策において、オンライン診療システムが貢献できる活用方法には、主に次の2点が考えられます。

  1. ①「感染したのではないか?」 不安を抱える患者さんのための医療相談
  2. ②「感染予防の為、しばらく通院を控えたい」希望する患者さんへの対応

当ページは、特に②を想定した情報提供となります。

オンライン診療の概要

慢性疾患等を有する患者さんの定期受診には、以下の図に示すよう「対面診療」「オンライン診療」「電話再診」の受診方法があります。以降では、そのうちの「オンライン診療」について情報提供いたします。

オンライン診療・オンライン服薬指導の流れ

「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」(令和2年4月7日閣議決定)において、「院内感染を含む感染防止のため、オンライン診療やオンライン服薬指導が希望する患者によって活用されるよう、できる限り早期に実施する。」とされたことから、厚労省は4月10日に事務連絡を発表。

処方箋については、患者の同意を得られれば、次の対応を可能とした。
「医療機関から薬局へのファクシミリによる処方箋の送付」
「薬剤師による電話や情報通信機器を使った服薬指導」
「薬局から自宅などへの処方薬の配送」

処方箋の原紙は、医療機関から後日薬局に送付する。

オンライン診療の条件

オンライン診療とは?

オンライン診療とは、インターネットを用いて、診察や処方等を行う診療方法です。
2018年4月から保険診療での利用が可能となりましたが、施設基準、算定基準等、適用できる疾患や条件があります。また、2020年4月の診療報酬改定や、新型コロナウィルス感染症対策により、条件に変更があります。

オンライン診療を受ける(患者様の)為の主な条件

  1. 3ヶ月の対面
    オンライン診療料対象管理料等を初めて算定した月から3か月以上経過し、直近3か月間毎月対面診療を行っていること。
  2. 緊急時の体制
    原則として、当該医療機関が必要な対応を行う。「ただし、夜間や休日など対応できない場合については、事前に受診可能な医療機関を説明しておくこと」とされております。
  3. 対象疾患
    (対象となる医学管理料)
    高血圧や糖尿病、喘息などの慢性期の疾患を有し、特定の医学管理料を算定している患者、慢性頭痛患者、在宅自己注射指導管理料を算定している糖尿病、慢性肝疾患の患者

オンライン診療の準備

  • システムの準備

    1. オンライン診療システムの購入・申し込み

      数社のオンライン診療システムがあります。
      それぞれの特徴を考慮の上、システムを選択してください。

    2. オンライン診療用のパソコンをセットアップ

      導入されるオンライン診療システムの動作環境をまずご確認ください。
      Webカメラ、マイク、スピーカー(イヤホンでも対応可)も必要になります。

    3. 厚生局へ届出

      厚生局へ施設基準の届出をします。(保険診療を行わない場合には、届出は不要です。)
      届出用紙はこちら

  • 患者さんへご案内

    1. 対象患者さんを決定する

      患者さんの疾患・症状・生活などを考慮し、オンライン診療の実施が適切と思われる患者さんを決定します。

    2. 対象患者さんとオンライン診療計画書について合意

      診療計画を作成し、患者さんと合意のうえ、その内容を診療録に添付します。対面による診療の間隔は3か月以内に限ります。
      計画書のフォーマットと見本はこちら

    3. 対象患者さんへスマホアプリのご案内

      対象患者さんはスマートフォンを利用して受診します。
      患者さんはアプリをダウンロードしたのち、登録や当該医療機関との連携を行います。

オンライン診療の流れ

オンライン診療システム「YaDoc(ヤードック)」のご紹介

※情報は、2020年3月2日現在の情報よりインテグリティ・ヘルスケア社によりまとめられたものです。
※コンテンツ内に掲載されているすべての情報は、インテグリティ・ヘルスケア社に帰属します。無断での転載は認められておりません。

  • 予約・事前問診の入力(任意) 患者さんのアプリからでも、医療機関の端末からでも予約可能。事前問診は定型質問・自由記述があり、写真添付も可能です。
  • オンライン診察 【YaDocの場合】診察開始に際しては医師から発信します。患者さんがスマホで応答することで、オンライン診察が始まります。
  • 支払い 次回の来院時に合算請求するか、または、クレジットカードによる請求も可能です。
    なおオンライン診療料を算定する場合、オンライン診療システムのシステム利用料を診療報酬とは別に徴収してもよいことになっています。
  • オンライン診療料(71点) オンライン診療実施月に算定(患者さんへの請求も当日可能)
  • 対象となる医学管理料の「情報通信機器を用いた場合」(100点) オンライン診療実施月に算定

オンライン診療や運用についてのご相談