PHCbi

CO2インキュベーター(乾熱滅菌モデル)

MCO-170AICUVD

内容量
165L
温度制御範囲
室温+5〜50℃

約2時間半で完了 H2O2(過酸化水素)器内高速除染モデルはこちら

165Lタイプ→MCO-170AICUVH
230Lタイプ→MCO-230AICUVH


特長

手軽に使える約11時間 180℃乾熱滅菌

2台積み時も培養&乾熱滅菌OK 「熱リーク」「最大電流」低減

培養時は、省容量ヒーター(5A)単独で省エネ。乾熱滅菌時は培養用+滅菌用2つのヒーター(8A)で運転する独立ヒーター構造を採用。
新断熱材メラミンフォームの採用・厚みアップと熱リークを抑制した新フレームの採用により、従来乾熱滅菌の課題であった「熱リーク」「最大電流」を低減。
15A電源での2台積み時も1台は乾熱滅菌しながら、もう1台は通常培養が可能。
ラボでの使いやすさを考え抜いた乾熱滅菌モデルです。

UVランプ・内装部品の取り外し不要

器内温度の立ち上がりが早く、温度分布のバラつきを低減した構造設計により、約11時間 180℃の乾熱滅菌を可能にしました。
内装部品の耐熱性アップにより乾熱滅菌時もUVランプや内装部品の取外しも不要。
滅菌後の温度・CO2ガス濃度の再校正も不要となり、滅菌後すぐに、通常培養を再開できます。

清掃性&収納効率アップ。内箱-棚受け一体構造

棚受け部分と内箱を一体化することで、器内の部品点数を約80%削減し、培養の切り替え時などの清掃時間を大幅に削減、作業性が向上。

またトレイの面積を大きくし、より多くの培養容器の収納が可能となりました。

※当社旧商品(MCO-19AIC)との比較 当社基準による

■内装部品新旧比較

■トレイ新旧比較

WVGAフルカラー液晶タッチパネル

WVGAフルカラー液晶タッチパネルを採用。さまざまなプロトコルを集中管理できます。
抵抗膜式タッチパネル採用により、手袋をした状態でも操作が可能です。

■セキュリティー機能

Auto-Lock
 ONすることで、設定した時間で扉が施錠します。
User-ID
 ONすることで、パスワードを99個まで設定可能。
 扉開閉を限られた人のみに制限できます。
key Lock
 ONすることで、パスワードをひとつ設定可能。
 管理者以外のコントロールパネル操作を制限できます。

■USBポート

パネル横のUSBポートから、USBメモリーへログデータを移行、PCで簡単に管理可能です。
(記録期間は、2分間隔の場合1.5カ月分)
取得データパラメーター
・器内温度
・器内CO2濃度
・扉開閉
・アラーム
・乾熱滅菌ログ

外観

仕様

品名 CO2インキュベーター(乾熱滅菌モデル)
品番 MCO-170AICUVD-PJ
外寸 幅620mm×奥行755mm×高さ905mm
内形寸法 幅490mm×奥行523mm×高さ665mm
内容量 165L
外装 塗装鋼板
内装 銅合金ステンレス
外扉 塗装鋼板
内扉 強化ガラス
銅合金ステンレス標準4枚、多段調節式、最大10枚、耐荷重:7 kg
内寸法:幅470 mm×奥行450 mm×高さ12 mm
コントロールパネル WVGAフルカラー液晶タッチパネル
測定孔 内径:30mm 背面1ケ所
加熱方式 ヒータージャケット方式
断熱材 メラミンフォーム
ヒーター 414 W(培養時)/770 W(乾熱滅菌時)
加湿方式 加湿トレイ自然蒸発方式
温度調節方式 PID制御方式
温度表示方式 液晶デジタル表示式(分解能:0.1℃)
CO2濃度制御方式 PID制御方式
CO2濃度表示方式 液晶デジタル表示式(分解能:0.1%)
器内循環方式 微風攪拌方式
エアーフィルター 0.3μm 効率:99.97 %(CO2ガス用)
器内滅菌・除染機能 約11 時間 180 ℃乾熱滅菌
セキュリティー機能 電気錠標準装備
UVランプ 4W×1(オゾンレスタイプ)
ログ機能 USBによる、温度・CO2・扉開閉・アラーム・乾熱滅菌履歴のログを転送
水位センサー なし
警報機能 高温警報、低温警報、CO2濃度警報、独立上限温度警報
ドア警報、UVランプ故障警報、遠隔警報接点
CO2ガス接続口 内径4~6mmチューブ接続
CO2ガス使用圧力 噴射時:0.03 MPa(G)~0.1MPa(G)
   (0.3 kgf/cm2(G)~1 kgf/cm2(G))
電源(50Hz/60Hz) 単相100 V、50/60 Hz
製品質量 80kg
温度制御範囲 周囲温度+5~50℃(周囲温度:5~35℃)
温度分布 ±0.25 ℃(周囲温度:23 ℃、設定:37 ℃、CO2 5 %、無負荷)
温度変動幅 ±0.1 ℃(周囲温度:23 ℃、設定:37 ℃、CO2 5 %、無負荷)
CO2 濃度制御範囲 0~20 %
CO2 濃度変動幅 ±0.15 %(周囲温度:23 ℃、設定:37 ℃、CO2 5 %、無負荷)
器内湿度 95±5%R.H.
最大消費電力 440 W(培養時)/795 W(乾熱滅菌時)
最大放熱量 1,500 kJ/h(培養時)/2,780 kJ/h(乾熱滅菌時)
  • ※本製品の各データは、当社基準で測定しております。

メーカー希望小売価格(税別)

MCO-170AICUVD-PJ 1,020,000円

寸法

カタログダウンロード

オプション

商品カテゴリ

Topics

ワイヤレスモニタリングシステムのご提案
ライフサイエンス機器を「ワイヤレス」・「リアルタイム」でモニタリング
超低温保存のご提案
超低温保存のご提案
あなたの大切な試料を、幅広い温度帯とラインアップで安定保存。
PHC株式会社からの「凍結保存ソリューション」
チューブ・チューブラック
凍結保存システムのご提案
フリーザー・チューブ・チューブラックをセットでご提案。
PHC株式会社からの「凍結保存ソリューション」