PHCbi

調剤業務支援ソフトウェア

AIC-RN9S

●AIC-RN9S(RINkSメインサーバー)
●AIC-RN9SU(旧RINkSからアップグレード)

高度化する薬剤部門のニーズに応えるため、RINkSはエキスパート化を志向。
必要とされる機能を、1台のPCで構築可能にしました。

医学・薬学の進歩に伴い、薬剤部門における業務が高度化し、多様化する中、
調剤の合理化と服薬指導の充実が求められています。
こうした要求に応え、各機能を向上させ、さらなる進化を遂げたRINkSは、
オーダリングシステムや電子カルテシステムとの連動、
調剤情報の入力支援、相互作用や他科・重複投与のチェック、
院内内規に基づいた調剤機器の制御など、
薬剤部門で必要とされる機能を1台のPCで構築可能にしました。

特長

RINkSは、上位システム接続・薬剤管理指導業務支援から調剤機器の制御までを
1台のPCで、システムを構築する可能です。施設規模などにより、システムを簡単に拡張することができます。

処方箋入力機能

処方箋のイメージを崩すことなく入力が可能です。
過去処方の参考表示や調剤指示などが、1画面で処理できます。

注射箋入力機能

処方箋のイメージまたは、カレンダーイメージでの処方入力が可能です。入力したデータを基に、注射ラベル、払い出し簿など必要な帳票を発行します。

処方監査機能

医薬品データベースによる処方監査、薬歴データによる期間・他科の重複処方チェックなど、処方監査のサポートを行います。

医薬品情報機能

錠剤のマークからの薬剤鑑定、処方入力画面からの医薬品添付文書表示、薬剤情報提供文書の発行など、医薬品に関する情報を提供します。

薬剤管理指導業務支援

薬歴管理、服薬指導内容記録管理、指導日を医事へ報告する算定可能日報告帳票など、薬剤管理指導業務に必要な機能を提供します。


持参薬管理機能

患者さんが持参した薬品を登録・管理します。
薬品名から院内採用状況、同種・同効果薬品の候補を表示させ、薬品名が不明な場合は、薬剤鑑定機能により刻印などの識別コードから薬品名を検索できます。入力されたデータは、持参薬管理表・継続確認書として印刷できます。

オプション

ダウンロード