PHCbi

LN₂回生式低温試料保存容器

MVE Fusion 1500TM

概要

MVE Fusion 1500TMは、立ち上げ時に液体窒素を充填し、100Vの電源のみで液体窒素を消費せずに回生利用する、環境に優しく革新的な低温試料保存容器です。

  • ・液体窒素の再充填不要*
  • ・100V電源のみで-150℃以下を実現
  • ・電源供給が止まっても、‐150℃以下を7日間維持
  • ・配管が必要ないため、設置場所に悩まない
  • ・液体窒素と試料貯蔵室が隔離されているため、液体窒素由来コンタミネーションの心配なし
*初回のみ約50Lの充填が必要です。(別途お見積り)

特長

液体窒素の再充填不要:LN₂回生メカニズム

クライオクーラーで気化した液体窒素を冷却し再液化します。

『液体窒素タンク』内に液体窒素を約50L投入

① 液体窒素を『液体窒素本体タンク』内に約50リットル投入

※液体窒素は搬入・設置後投入致します。(*別途見積)

『液体窒素タンク』内の液体窒素が気化し、試料貯蔵室の温度が冷やされる

② 『液体窒素本体タンク』内の液体窒素が気化し、試料貯蔵室の温度が冷やされる

MVE Fusion 1500TM上部のクライオクーラー部に内包しているヘリウムを脈動させ、液体窒素より低い温度帯をつくり、『液体窒素タンク』内の熱を吸熱し、窒素ガスを再液化する

③クライオクーラーで気化した液体窒素を冷却し再液化します。

②~③を繰り返す

④ ②~③を繰り返す

100V電源のみで-150℃以下を実現

主な稼働部品は、クライオクーラーの「モーター」と「ファン」のみですので、大きな電力は必要なく、100V電源で問題ありません。

※キャスターはアンカー固定が必要です

電源供給が止まっても、‐150℃以下を7日間維持

エネルギー効率に優れており、電源を切ってから7日間経過後も容器内温度を-150℃以下に維持することが可能です。

*MVE Biological Solutions社 資料

液体窒素由来コンタミネーションの心配なし

液体窒素と試料貯蔵室が『液体窒素タンク』で物理的に隔離されているため、試料貯蔵室は完全気相、液体窒素と接触することはありません。

外観

仕様

商品名 MVE Fusion 1500TM
容器本体高さ 1611 mm
容器部奥行き(ステップ含む) 1563 mm
容器内有効高さ 752 mm
容器幅(ハンドル含む) 1099 mm
試料貯蔵室内径 975 mm
ネック口径 318 mm
空重量(液体窒素充填前) 340 kg
総重量(液体窒素充填後) 377 kg
設置スペース W2000 × D2100 × H2400 mm
※背面:壁から500 ㎜以上離れること
※側面:容器左右に300 ㎜以上スペースを設けること
外部出力(容器本体異常) 無電圧接点a接
外部出力(外付温度表示器) 4 ~ 20 mA
供給電源 単相100 V 50 Hz / 60 Hz 9 A
本体消費電力 750 W
安定稼働時消費電力量 6.48 kWh/day

※設置環境:室温18 ℃ ~ 27 ℃、湿度50 %以下推奨

※本体には、外付温度監視ユニット(消費電力:5.2 W)が付帯

ラックの種類 数量 1.2 mlまたは2.0 ml
バイアル収納本数
ラック(100 本立てBOX:13 段仕様)
※注文品番:MVEP10544431
※単価:28,000円(税別)
※重量:2.2 kg
20 個 26,000 本
ラック(25 本立てBOX:13 段仕様)
※注文品番:MVEP10544685
※単価:26,500円(税別)
※重量:1.8 kg
16 個 5,200 本
合計 36 個 31,200 本

※ラックにBOXは含んでおりません。別途手配をお願い致します。

メーカー希望小売価格(税・据付搬入費別)

MVE Fusion 1500TM 9,000,000円

ダウンロード

close

おすすめコンテンツをダウンロード