PHC株式会社

クリニック開業コラム

手段はいろいろ、コスト削減術

コスト削減の習慣がクリニック経営を助ける

クリニック開業にもう一つ踏み出せない先生の中には、「患者がたくさん来てくれる時期ばかりじゃないだろう。収入が落ち込んだ時のことを考えると独立して開業医になるのはリスクだな…」と考えている方もいらっしゃることでしょう。たしかにクリニック経営は山あり谷あり。増患どころか閑古鳥が鳴きだす始末、といった事態もあり得ます。ですがそんな苦しい状況でも、なんとかやりくりしていく手段がないわけではありません。懐寂しいサラリーマン諸氏のお小遣いと一緒で、入ってくるお金が少ないのなら出ていくお金を減らせばいいのです。無駄な経費を見つけて削減していく姿勢がクリニック全体で身につけば、患者数が伸び悩んでいる時に助かるばかりか、好調時には経営の安定度がさらに高まります。勤務医として働いていると、無駄なコストを問題視する機会は比較的少ないかもしれませんが、開業後は否が応でも意識させられます。コスト削減の手法を知ることは、その意識改革の一助となるかもしれません。

イメージ

最初のターゲットは、最も大きなコスト・人件費

イメージ

コスト削減となると、あれも節約これも節約と、目についたところから片っ端に手をつけるイメージがあるかもしれませんが、まずは効果的かどうかに注意を払いましょう。クリニックの収支を細部までよく確認し、最も大きな無駄が潜んでいそうなポイントを探るのです。削減したところで大した節約にならないことをチマチマと続けるのは、そのこと自体がすでに無駄とも言えます。そこで、最初に目をつけるべきなのが人件費。多くのクリニックでは、スタッフを雇うことで必要になる経費こそ、最も大きなコストとして経営にのしかかっているはずだからです。
例えば単純作業を常勤スタッフが長時間行うのが常態化している場合は、正社員をパートやアルバイトに置き換えることを検討してみましょう。正社員にかかる各種社会保険料はクリニックにとってかなりの負担ですから、人件費の高いスタッフには、それに見合う仕事をやってもらわないと割に合いません。また、来院患者が極端に少ない時間帯、つまり収入に対して人件費コストが割高な時間帯があるようなら、スタッフ配置や診療時間の見直しを図りましょう。さらに、スタッフへの賞与を勤務年数に応じた一定額で支給している場合は、業績と連動した成果主義の賞与へ移行するのも有効です。

「もったいない精神」で削減対象を広げてみる

人件費にメスを入れたなら、次は盲点となりがちなポイントにも目を向けていきましょう。とくに毎月一定額が発生する固定費は、ずっとその金額を払い続けているため「そういうものだ」と決めつけて削減できる可能性に気づかないことも。例えばテナント開業している場合の家賃などがその代表例です。周囲の相場と比べて妥当なものかどうか、あるいは入居時から比べると設備が相当劣化してはいないかなどを常にチェックしておき、家賃交渉の材料とするのです。また医薬品費や医療材料費、検査の委託費など、仕入れ業者・委託業者によって金額が異なる経費については、必ず相見積りをとって有利な条件を引き出すようにすると良いでしょう。さらに、費用対効果に着目するのも一つの手です。例えば街中の看板広告などは、開業から時がたつほどにその必要性は薄れていってしまうもの。高い維持費のままいつまでも継続するのではなく、ある程度の役割を終えたのなら思い切って止めてしまうか、より安価で効率的な広告手法へとシフトすべきです。
今回ご紹介した方法以外にも、「もったいない精神」さえ持ち合わせていればコスト削減の方法は様々に見つかるはずです。ただし、患者やスタッフの「心地よく受診したい」「気持ちよく働きたい」という気持ちには敏感でいなければなりません。院長の強権による度が過ぎたコスト削減は、来院意欲や勤務意欲まで削り落としてしまいますから。

イメージ

開業成功ポイントの一覧へ戻る

最新記事のポイント

トピックス

診療所向け電子カルテシステム/医事会計システム
診療所向けソリューションのご紹介
シェアNo.1。導入からアフターケアメンテナンスまで全国ネットにサポートします。

※「MEDICOM」および「メディコム」は、PHCホールディングス株式会社の登録商標です。