PHC株式会社

クリニック開業コラム

医療モールでのクリニック開業

ますます注目されている医療モールの存在

近年、クリニックの競争激化が進むなかで、医療モールの存在がますますクローズアップされています。ご存知の通り医療モールとは、診療科目の異なる複数のクリニックが集まった医療施設。それぞれのクリニックが専門性を活かしより質の高い医療を提供できるとあって利用者からの評判も良く、この開業スタイルは今後も増加傾向で推移していくと思われます。そこで今回は医療モールでのクリニック開業について、そのメリットと留意点をお伝えしていきます。
医療モールには「ビルタイプ」「商業施設併設タイプ」「ビレッジタイプ」と、大きく分けて3つのタイプがあります。「ビルタイプ」とは、入居しているテナントのほとんどがクリニックや薬局になっているビル。まさに“クリニック専門ビル”といった雰囲気のタイプです。「商業施設併設タイプ」とは、ショッピングモールなどの一画に“医療ゾーン”として各クリニックが集められているタイプ。その商業施設の利用客に対して高い認知度が見込めます。「ビレッジタイプ」とは、敷地内に戸建てのクリニックがいくつも建っている、さながら“医療の町”の様相を呈したタイプ。広いエリアから患者を呼び込めるよう、その多くが主要幹線などのロードサイドに展開しています。

イメージ

ハード/ソフトの両面にたくさんのメリットが

イメージ

医療モールでの開業には、いくつものメリットがあります。まずあげられるのが、ハード面の大部分が医療に最適化してあること。もともとクリニックの入居を前提として建設されている施設がほとんどであるため、電気容量や給排水施設、床面積や耐荷重などについて不安なく開業準備が進められます。さらに複数のクリニックで受付や待合室、トイレ、駐車場を共有化してある場合だと、開業初期費用を大幅に抑えられます。
ソフト面でのメリットも見逃せません。複数のクリニックが集積していることから集患には相乗効果が見込めますし、単独での開業よりもクリニックの認知度は高まりやすいと言えます。患者に自分の専門分野でない疾患が見つかった場合でもモール内のクリニックを紹介できるなど、診診連携もスムーズに行えます。

他クリニックとのコミュニケーションは良好に

さらに、医療モール全体の認知度が高まってくれば、将来ライバルとなり得る後発クリニックに対して優位性を保つことができます。単独で開業するクリニックからしてみれば、評判の良い医療モールは脅威以外の何物でもありません。診療圏を調査するまでもなく、近隣での開業は避けたくなるのも当然です。
いいことずくめに見える医療モールですが、そのメリットを最大限に享受するためには気をつけなければならない点もあります。それは、モール内にある他のクリニックとのコミュニケーション。クリニック同士が反目し合うような医療モールでは、先に述べた診診連携が満足に行えず、各自の専門分野に特化することが難しくなるからです。「よそのクリニックのことまで知るもんか」といった態度は、巡り巡って自分の首を絞めることにもなりかねません。ふだんから良好な関係を築くのはもちろんのこと、できれば定期的に院長同士で集まってミーティングを行ってみましょう。総合力を高めることで、モールの魅力はどんどん増していくはずです。


資金・物件・リースの一覧へ戻る

最新記事のポイント

トピックス

診療所向け電子カルテシステム/医事会計システム
診療所向けソリューションのご紹介
シェアNo.1。導入からアフターケアメンテナンスまで全国ネットにサポートします。

※「MEDICOM」および「メディコム」は、PHCホールディングス株式会社の登録商標です。