PHCbi

CASE STUDIES 導入事例

HUB(ヒューブレヒト・オルガノイド・テクノロジー社) ユトレヒト(オランダ)

オルガノイド分野での世界的リードを目指すオランダのHUB

2013年の創立以来、HUBの従業員数は毎年約2倍ずつ増加し、現在では40名を超えています。

CEOのロバート・ヴリーズ(Robert Vries)博士は、このような指数関数的な増加がしばらく続くと考えています。「当社には現在、おもに診断とスクリーニングについて、対応しきれないほどの依頼が届いています。個別化医療の分野で今、大きな前進が起きているため、これからもこの数は確実に増加するでしょう。」

HUB

「ヒューブレヒト研究所(Hubrecht Institute)のハンス・クレヴァース(Hans Clevers)教授が率いるグループで佐藤俊朗博士が最初にオルガノイドを培養してから10年以上が経ち、オルガノイドの商業利用への道が開かれています。」そう語るロバート・ヴリーズ博士は、2013年からHUBに参画し、HUBを世界トップのオルガノイドセンターにするために尽力しています。この野心的な目標の中核にあるのが、ASCオルガノイドと呼ばれる、成体幹細胞(adult stem cell)由来のオルガノイドを作製するための、一連の特許の独占使用権です。これらの特許は、KNAW(オランダ王立芸術科学アカデミー)の研究機関であるヒューブレヒト研究所で行われた研究の成果によるもので、KNAWが所有権を有しています。「当社はKNAWに年間ライセンス料を払い、主に製薬企業向けのライセンスや研究開発といった形でこの技術を商業的に利用できるようになっています。この広範な特許ポートフォリオには14の特許分類の50超の特許が含まれており、ASCオルガノイドとその作製に関するすべての側面が含まれています。このポートフォリオがあるため、この種のオルガノイドを扱いたいと望む企業は当社にまずお問い合わせ頂くことになります。」とロバート・ヴリーズ博士は述べています。

この導入事例のフルストーリーを読む

納入先

Hubrecht Organoid Technology
URL https://huborganoids.nl/

納入機器

・超低温フリーザー(-80℃) MDF-DU700VH-PE
・CO2インキュベーター MCO-170AICUVH-PE

掲載内容は2020年5月現在のものです。