PHCbi

あなたの課題を解決するために

自動錠剤包装機×手まき作業低減ソリューション

1973年、業界初のATC初号機の発売から約50年。PHCbiの自動錠剤包装機は、日本中の調剤薬局で広く使用されています。私たちは、調剤現場の様々な課題解決し、患者さんにわかりやすい薬包を実現する新しい技術を開発し、調剤現場にお届けし続けています

【特徴1】1つのタブレットケースで様々な剤形や大きさの錠剤に対応可能

自動錠剤包装機のタブレットケースは、薬剤の剤形や大きさに合わせて、個別の専用カセットを注文する必要がありました。PHCbiの自動錠剤包装機ATCにオプション設定されている「オンサイトキャリブレーションタブレットケース」は、1つのタブレットケースで様々な剤形や大きさの薬剤を使用できます。

PHCbiの「オンサイトキャリブレーションタブレットケース」は、薬剤の幅や厚みに合わせて、調剤現場で簡単に調整できます。従来、新しいタブレットケースが納品されるまでの間に行っていた、「手まき作業」の手間と調剤ミスの発生リスクを低減することで、患者さんのより確実な服薬管理をサポートします。更には、薬剤の種類に合わせて多種類のタブレットケースを購入する必要がないため、ランニングコストの削減にも貢献します。もちろん、今お使いのPHCbi製錠剤包装機に追加することも可能です。

●現状

錠剤に合わせた専用カセット(タブレットケース)が必要(注文 ⇒ 生産 ⇒ 納品)

●オンサイトキャリブレーションタブレットケース

様々な錠剤に対応可能な汎用カセット突然の処方変更にも調剤現場で対応可能

【ラインアップ】薬品収納数に合わせてお選び頂けます。錠剤種類数の増加にも対応できます。

自動錠剤包装機 PTPシート自動除包機能付最大320種対応
品番 ATC-192GR2-PJ
薬品収納数 192
棚構成 標準TC棚:12
PTP除包ユニット棚:3
オンサイトキャリブレーションタブレットケース オプション
PTPシート
自動除包
標準装備
自動半錠カット オプション
クリック
自動錠剤包装機 薬品収納数
最大384種対応
薬品収納数
最大480種対応
薬品収納数
最大192種対応
品番 ATC-256GR1-PJ ATC-320GR1-PJ ATC-128GR1-PJ
薬品収納数 256 320 128
棚構成 標準TC棚:16 標準TC棚:20 標準TC棚:6
オンサイトキャリブレーションタブレットケース オプション オプション オプション
PTPシート
自動除包
オプション オプション オプション
自動半錠カット オプション オプション オプション
クリック
クリック
クリック