PHCbi

PHCbiの低温インキュベーターは、幅広い用途に対応するオールラウンドな性能を備えています

無料ダウンロードe-book 「食品微生物学の知見をHACCPに活用するために」

HACCP

HACCP(Hazard Analysis Critical Control Point)は、1960年代後半に米国で初めて開発されました。NASA(米国航空宇宙局)は、米国陸軍研究所とピルズベリー社と共同で、宇宙ミッションのための食品安全管理システムを開発しました。このシステムの基礎となったCCP(Critical Control Point)ガイドラインは、兵器の設計・試験に用いられていたシステムと同様に、システムの故障やリスクのある部分を特定して排除することを目的としています。NASAの成功を受けて、HACCPシステムは、製造業、農業、水産業、小売業など、さまざまな食品産業に好影響を与えています。このe-bookでは、HACCPの定義と目的、そして日本をはじめとするAPAC諸国の食品事業者にとってのHACCPのメリットを簡単に紹介します。

ダウンロード

アプリケーションテーブル

アプリケーション 適正な温度範囲
バクテリア研究 + 15 ℃ ~ + 35 ℃ / + 28 ℃ ~ + 70 ℃
微生物研究 + 18 ℃ ~ + 35 ℃ / + 28 ℃ ~ + 50 ℃
大腸菌群検査 + 35 ℃ ~ + 37 ℃ ~ + 37 ℃
医薬品安定性試験 + 5 ℃ ~ + 70 ℃
食品と飲料の試験 + 5 ℃ ~ + 70 ℃
酵母の成長 + 10 ℃ ~ + 40 ℃ / + 28 ℃ ~ + 40 ℃
生物化学的酸素要求量(BOD) + 20 ℃前後
昆虫/魚の孵化 + 5 ℃ ~ + 40 ℃ / + 28 ℃ ~ + 40 ℃

MIR-154 MIR-254 MIR-554 | 多機能タイプ

MIR-154

液晶ディスプレイによるプログラム運転

様々な実験の要望に応じて設定温度、照明のON/OFF時間を自由に組み合わせた最大12ステップのプログラムのスタート日付、時刻の予約設定することができます。プログラムは最大10個まで記憶でき、頻繁に行う実験の検索や設定に便利です。また、Join運転モードにより、個々のプログラムを組み合わせることができます。また運転データを自動記録、グラフ表示も可能。オプションのインターフェイスボードでPHCbiのモニタリングシステムとの接続も可能です。

液晶ディスプレイ シリーズカタログ 見積依頼

-10℃から+60℃までの幅広い周囲温度制御範囲

PHCbiの低温インキュベーターは、-10℃~60℃*の周囲温度制御範囲、直感的に操作できる新LCDディスプレイ、様々な温度・照明パターン・タイマーのプログラム設定を装備しています。日々、繰り返し実験を行うための操作性を向上させたことで、高精度な温度制御が可能となり、正確な結果と安定した細菌培養が期待できます。

MIR-254 MIR-554

MIR-154S MIR-254S|シンプルタイプ

MIR-254S MIR-154S

+2℃から+50℃までの温度制範囲。使いやすさを追求。

シンプルなコントロールパネルと最大3ステップのプログラム運転を搭載。実験内容に応じて「温度」と「時間」を組み合わせた運転が可能です。

液晶ディスプレイ シリーズカタログ 見積依頼

リバーシブル扉で左右開き選択可能(MIR-154/254/154S/254S)

設置場所や周囲機器のレイアウトに合わせて、扉の開閉方向をお選び頂けます。
*工場出荷時は右開き(各右側の写真)です。

リバーシブル扉で左右開き選択可能

2段積みも可能(MIR-154/154S)

MIR-154とMIR-154Sを組み合わせた2段積が可能です。
省スペースで効率よくレイアウトしてお使い頂けます。

2段積み金具(MIR-S154PS) 2段積み 上段
2段積見スペーサー(MIR-S154SB) MIR-154S MIR-154
2段積 下段 MIR-154S 2段積み金具 2段積み金具
MIR-154 2段積みスペーサー 2段積みスペーサー
2段積みも可能

PHCbiは、高いレベルの技術サポートとアフターケアサービスで、お客様に選ばれ続けています

日常におけるメンテナンは機器のトラブルを避けるための最善の方策です。低温インキュベーターの簡易点検、およびメンテナンスはPHCbiにお任せください。全国に経験豊富な専門知識・技術を有するサービス員を配置し、お客様が安心して製品をご使用になれるよう万全なサポート体制を構築しております。

詳しくはこちら

クラウドシステムによる温度監視・メール通報も対応できます

PHCbiが提供するクラウドサーバー使用のモニタリングシステム「Lab Alert PRO」は、スマートフォンやタブレット、PC等でリアルタイムにモニタリングデータを確認できます。機器トラブル時は、メール通報に加え、外部警報装置、電話発令装置等との接続も可能です。

詳しくはこちら 見積依頼