PHCbi

ヒーター式インキュベーター

MIR-H163

有効内容積
93 L
温度制御範囲
室温+5 ℃ ~ 80 ℃(周辺温度:20 ℃ ~ 35 ℃・無負荷)

特長

細菌・真菌・植物・各種試料に応じた 恒温環境を提供します。

時間管理を高精度にアシストする マイコン・タイマー機能

実験の効率化を促進するため、正確なマイコン・タイマー(最大99時間59分まで設定可能)を搭載しています。実験時間の開始を任意に設定できるディレイ(遅延)機能を持つオートスタート、設定時間の終了をブザーで知らせるとともに終了後も設定温度を保ち続けるインフォメーション機能、あるいはその組み合わせによって多様な恒温用途に対応した運転パターンが設定できます。

マイコン・タイマー設定パターン

高温域を拡げた 温度制御範囲・室温+5℃~80℃ (外気温20℃)

常温培養はもちろん、好熱性菌の高温培養や樹脂・塗料などの試験を可能にするため、温度設定上限値を80℃までのワイドなレンジに拡大しました。常温から高温培養をはじめ、各種の恒温用途まで幅広い活用が可能です。

温度変動が少ない高精度な恒温環境を提供する マイコンPID制御+エアージャケット方式

より正確な器内温度を実現するため、マイコンPID制御+エアージャケット方式を採用しました。
±0.2℃(37℃設定時)以内の高精度な温度制御が可能です。温度の変動が少ないため培地乾燥を起こしにくく、器内温度分布が±1℃(37℃設定時)以内の恒温環境を提供できます。

機能性と耐久性を追及した 細心設計

コントロールパネルは、ソフトなタッチのキーボード、明るく見やすいグリーンのデジタルLED表示を採用。温度・時間は、それぞれ専用のデジタル表示で設定・確認できます。片手でも開きやすいソフトラッチ機構の一体型ドアハンドル、耐薬品性と耐久性にすぐれたオールステンレス製内装など、作業の効率化を追求した細心設計です。

マイコンPID制御+エアージャケット方式 イメージ
コントロールパネル イメージ

内容物の安全を第一に考えた 各種保安警報機能

試料を万一のトラブルから守るため、各種の保安警報機能や自己診断機能を標準装備しています。

各種保安警報機能 表

外観

仕様

品名 ヒーター式インキュベーター
品番 MIR-H163-PJ
外形寸法 W580 × D595 × H820 mm
内形寸法 W450 × D460 × H450 mm
有効内容積 93 L
外装 塗装鋼板
内装 ステンレス鋼板
塗装鋼板
断熱材 グラスウール
2 枚 ステンレスワイヤー(耐荷重15 kg / 枚)
測定孔
錠前
キャスター
製品質量 50 kg
加熱方式 ヒータージャケット方式
ヒーター出力 200 W
電源 単相100 V 50 Hz / 60 Hz
総合最大消費電力(50 Hz / 60 Hz) 200 W / 200 W
最大放熱量(50 Hz / 60 Hz) 720 kJ/h / 720 kJ/h
温度制御範囲 室温+5 ℃ ~ 60 ℃(周辺温度:0 ℃ ~ 20 ℃未満・無負荷)
室温+5 ℃ ~ 80 ℃(周辺温度:20 ℃ ~ 35 ℃・無負荷)
温度分布 ±1.0 ℃(周辺温度:20 ℃・設定:37 ℃・無負荷)
温度変動幅 ±0.2 ℃(周辺温度:20 ℃・設定:~ 60 ℃未満・無負荷)
±0.5 ℃(周辺温度:20 ℃・設定:60 ~ 80 ℃・無負荷)
温度調節 PID制御方式
温度表示 デジタル表示
温度警報機能 自動設定温度警報・独立過昇過冷防止警報
ドア警報
遠隔警報接点
自己診断機能 各センサー異常時エラーコード表示・ブザー断続音
停電警報
メモリーバックアップ機能 不揮発性メモリー
  • ※ 本製品の各データは、当社基準で測定しております。
  • ※ 上記寸法は取手等の突起物を含みません。搬入時の必要寸法については寸法図をご参照ください。

メーカー希望小売価格(税・据付搬入費別)

MIR-H163-PJ 210,000円

寸法

ダウンロード

オプション