PHC株式会社

CASE STUDIES 導入事例「診療所編」

のざわ内科クリニック様(福島県田村郡三春町)

  • 内科
  • 消化器科
  • 小児科

のざわ内科クリニック イメージ

のざわ内科クリニック 院長

野澤 靖美 先生

「Medicom-HRⅢ」とクラークの導入で
クリニックのレベルアップを実現

導入商品:Medicom-HRⅢ

三春町は人口が約2 万人を数えますが、かつてはその約6 割が町外の医療機関で受診するという医療の過疎地区でした。しかし、患者さんにきちんと向き合うという野澤先生の診療方針が徐々に地域に受け入れられ、多くの患者さんがのざわ内科クリニックに来院するようになりました。
野澤先生が電子カルテの導入を考えたのは4 年ほど前のことです。その最大の理由は、紙カルテが増えて保管場所がなくなってきたことでした。その一方で電子カルテを使った場合、入力に気を取られて患者さんに向いて診察することが少なくなるのでは、という懸念がありました。「患者さんの正面を向いて話すことは私の方針」と言う先生にとって、電子カルテの導入をためらう大きな原因となっていました。そんな時に、「クラークを付ければ、ドクターは自分で入力する必要はない」という話を聞き、野澤先生は電子カルテの導入を決心したのです。
電子カルテの選定にあたっては、当時使っていた日医標準レセプトと連携できるメーカーと、医事一体型のメーカーの合わせて4 社にデモをしてもらいました。さらにあらかじめ作成しておいた80項目以上に及ぶ「電子カルテ選定のための評価項目」に従って全員で綿密にチェックしました。
野澤先生は、「項目ごとに評価した結果、メディコムの『Medicom-HRⅢ』を選ぶことに決定しました。医事一体型のため、それまで使用していたレセコンは不要になりますが、レセコン機能はとても優れていて、その選択は間違っていませんでした」とはっきり言います。

というのも、同クリニックの導入のための準備は周到だったからです。たとえば、事務スタッフにはメディコムのレセコンに慣れてもらうため、「Medicom- HRⅢ」をレセコンとしてだけ使う準備期間を取り、その後電子カルテへの移行を進めました。さらに「Medicom-HRⅢ」の導入前から事務スタッフにクラークを養成する勉強会に参加してもらいました。「最初は苦労したようで、仕事が終わってからも一生懸命に練習していました」と野澤先生は評価します。
さらに「電子カルテは初めての経験でしたから不安なことが多かったんですが、徐々に理解が進んでくるとみんなで要望を出し合い使い勝手を高めていきました。それは、私たちにとって使いやすい電子カルテは、結局患者さんのためになると思ったからです」と看護師、事務スタッフの皆さんは言います。
地域に根ざし地域医療の発展に情熱を傾けている野澤先生にとって、「Medicom-HRⅢ」の導入は、同クリニックの医療スタッフのレベルアップの機会になったようです。

電子カルテ導入の決め手

「Medicom-HRⅢ」なら「3者」が一体になり患者さんに向き合う診療スタイルを貫くことができる

「Medicom-HRⅢ」の使いやすさを十分に理解し、スタッフの周到な準備によって「新しいシステム」がスタートしました。その結果は予想以上のものでした。

導入メリット 1
院内業務の効率化を促進し、
患者さんに丁寧な診療を実現

のざわ内科クリニックでは「Medicom-HRⅢ」 の導入と同時にクラークの活用を始めました。それによって野澤先生は、紙カルテの時よりも診察に集中できるようになりました。
「診療は実況中継です」と言う先生は、患者さんをしっかり見ながら症状や処方などについて、はっきりとした言葉を次々と発します。それは患者さんに安心していただく、という野澤先生の以前からの診療スタイルですが、それと同時に今では先生の言葉を事務スタッフであるクラークが電子カルテに入力します。時には患者さんのそばにいる看護師が先生の言葉を復唱します。診療後は電子カルテのチェックを行い、専門的な用語や内容をクラークにサポートし、より正確な電子カルテを作り上げていきます。
電子カルテシステム「Medicom-HRⅢ」を使うことでドクターと看護師、事務スタッフの「3者」が一体になる理想的な例といえるでしょう。その結果、院内の業務の効率化を大幅に促進し、多くの患者さんに丁寧な診療ができるというスタイルを確立することができたのです。

導入メリット 2
「みんなでクリニックを良くする」と
いう思いを共有するようになった

のざわ内科クリニックでは、クラークの導入にあたりスタッフの希望を取り入れ、「Medicom-HRⅢ」の“作り込み”を行いました。それによ って事務スタッフであるクラークは、徐々にドクターをサポートして活躍できるようになりました。看護師は「皆さんが医療の内容が理解で電子カルテ導入の決め手きるようになり、『患者さんのために、みんなでクリニックを良くしていこう』という気持ちを共有できるようになりました」と感想を述べています。
一方、事務スタッフは事務処理のスピードアップを感じながら、「クラークをしているおかげで医療知識が身に付き、受付に立った時、患者さんの立場を考えた会話ができるようになりました」と言います。スタッフの皆さんは、「Medicom-HRⅢ」によって業務のレベルアップを実感しながら、全員の心を1つに繋ぎ合わせているのです。

明日風こどもクリニック イメージ

地域の医療機関として高い信頼を得、
1日200人の患者さんが来院

滝桜で有名な福島県三春町に1997年に開業した「のざわ内科クリニック」は、地域から高い信頼を得、1日の来院患者数は200人を超えることも多くあります。2014年の増築時に診療所用電子カルテシステム「Medicom-HRⅢ」を導入し、メディカルクラークの活用を始めました。それによって院内全体のレベルアップを実現し、さらに患者さんからの信頼が広がっています。

のざわ内科クリニック イメージ

のざわ内科クリニック

のざわ内科クリニック イメージ

診療科目 : 内科・消化器科・小児科
電子カルテ導入日: 2014年4月(Medicom-HRⅢへ移行)
福島県田村郡三春町大字貝山字岩田86-2