PHCbi
薬剤師の
人手不足の
解消
業務の効率化と
対人業務への
シフト
患者様への
より安全な
投薬サービス提供

患者様への医療サービス向上と、
調剤過誤防止のために

現在、薬剤師に求められる役割は多岐にわたります。
薬剤情報の一元管理や患者様への服薬指導の充実、在宅・24時間対応、
医師との連携による処方確認など、
患者様へより良い医療サービスを提供するためには、薬剤師の業務プロセスの効率化が不可欠です。
同時に、患者様の再入院の原因に挙げられる投薬ミスや調剤ミスの発生リスクを最小限に抑えるとともに、患者様の服薬アドヒアランスの向上を図ることで服薬治療の効果を最大化する必要があります。

PHCbiの調剤ソリューションは、このような薬剤師の皆様の課題に応え、日々のお仕事をサポートします。

PHCbiが提供する
ソリューション

自動錠剤分包機

ATC-256GR1

概要

患者様の安全な服薬の実現と、使いやすさを追求した仕様・デザイン。分包速度は最大60包/分。

PHCbi製品の特徴

  • タブレットケース(TC)の装着位置を自動認識できる調剤過誤防止機能(スマートTC)
  • 手間のかかる錠剤の半切作業を高い精度で自動半切・分包(自動半錠分割TC棚/専用カセット)
  • 薬剤のサイズや形状にあわせて、その場で簡単に調整可能なタブレットケース(オンサイトキャリブレーションタブレットケース)
  • 自由な組み合わせが可能なオプション棚(標準TC棚/スマートTC棚/自動半錠分割TC棚)

導入メリット

  • 手作業に起因する調剤過誤リスクの低減
  • 薬剤の手撒き作業の軽減による調剤作業の効率化
  • ランニングコストの低減

各機能のご紹介動画

  1. Video thumbnail
    01.錠剤の自動半錠分割機能(short ver)
  2. Video thumbnail
    02.手まき箇所のLED表示機能
  3. Video thumbnail
    03.横型錠剤分包機導入のメリット(千葉愛友会記念病院薬剤科様)

注射薬払出システム

コンパクトシリーズ

概要

高速で正確、かつ安定した注射薬処方の払出を実現(700 施用/ 時間以上)

PHCbi製品の特徴

  • バーコード照合による正確な注射薬の払い出し
  • 信頼性の高い安定稼働(薬品破損率5万本に1本以下※1)
  • 独自の高精度な画像処理技術により、病棟から薬剤部に返品された注射薬の種類を自動判別し、
    品種ごとに仕分けを行う返品薬仕分払出機能

※1 当社納入実績値による

導入メリット

  • 医療過誤を防止し、患者さんへの安全な投薬を実現
  • 注射薬取り揃え業務の効率化による時間の有効活用
  • 医薬品の廃棄ロスの削減と医薬品在庫の効率的な管理・運用

各機能のご紹介動画

  1. Video thumbnail
    注射薬払出システム

調剤業務支援ソフトウェア RINKs

AIC-RN9S

概要

病院のニーズに合わせてカスタマイズ可能な調剤業務支援システム

PHCbi製品の特徴

  • 各調剤機器の制御用端末を不要とし、サーバー用端末から直接制御
  • 1台のPCで、上位システム接続や調剤機器制御から薬剤管理指導業務支援など、
    多岐にわたる調剤業務を遂行

導入メリット

  • 1台のPCに業務を集約させ、医療情報の一元管理を行うことで、業務を効率化し、ロスタイムを削減
  • 服薬指導など、患者さんへのより充実した医療サービスの提供を実現
  • 計数調剤監査システムとの連携で、薬剤の計数調剤や取り揃えの過誤を未然に防止

導入事例


課題解決