PHC株式会社

クリニック・薬局経営コラム

紙カルテから電子カルテへの移行を考える

 紙カルテから電子カルテへ移行したいと思った場合、どういう選択肢があるでしょうか。よく発生しがちな課題と、データ移行の考え方について解説します。

電子カルテへの移行を考え始めたら?

 まずは、どうして電子カルテの導入をしたいと思ったのか?について整理してみましょう。昨今、様々な分野におけるIT化が一般的になり、カルテについても電子化するのが当たり前いう風潮がでてきました。実際、新規開業するクリニックの70%以上は電子カルテを導入しています。カルテの電子化にあたっては、クリニック内の運用が大きく変わるため、移行がこんなに大変だと思わなかった…、患者さんをお待たせする時間が長くなってしまった…というクリニックが少なからず存在しています。一方、電子化におけるメリットを感じているクリニックもたくさんあります。明暗を分けるのは、医師だけでなく、事務スタッフや看護師などクリニックで働くメンバー全員の協力を得られているかがポイントです。
 電子カルテの選定にあたっては、今使っているレセプトコンピューターにつながるメーカーを選ぶという視点だけでなく、クリニック全体の課題は何か?運用を改善するためにはどんな電子カルテが必要か?という視点で見直してみましょう。

イメージ

電子カルテに関して、詳しく学ぶ

紙カルテから電子カルテに移行するメリット

 紙カルテを使用している病院やクリニックが電子カルテに移行することには、以下のようなメリットがあります。

情報管理の即時性

 メリットの1つ目は情報管理の即時性です。電子カルテはパソコンやタブレットなどを使用するため、記入した情報を素早く保存できます。また、保存したカルテを簡単に確認することも可能です。
例えば、パソコンで患者さんの診察内容を打ち込み、データを残します。後日、患者さんのカルテを確認したい場合は、パソコンから短時間で必要な情報を探し出せるのです。電子カルテは紙カルテに比べて、情報管理がしやすく、効率的に作業を進められます。

ミスの防止

 メリットの2つ目はミスが防止できることです。電子カルテはパソコンやタブレットに記入するため、カルテの文字を判読できないということや、書き間違えが減ります。紙カルテの場合、担当医のみが分かる文字で書いているというケースも少なくありません。その場合、緊急時に他の医師や看護師が読めずに対応を誤ってしまう危険性があります。電子カルテの導入により、書き間違いや読み間違いを原因とするミスを減らせます。

紙カルテから電子カルテに移行する際の注意点

 紙カルテを使用している病院やクリニックの中には、電子カルテへの移行を検討しているところがあるでしょう。しかし、紙カルテから電子カルテへの移行には、いくつかの注意点があります。

運用に適した電子カルテ選定

 病院やクリニックで紙カルテから電子カルテに移行する場合、運用に適した電子カルテを選定しなければいけません。なぜなら、病院やクリニックの規模、そして診療科によって、適した電子カルテが異なるからです。

 例えば、大病院の場合は全ての部門が情報共有できる環境を作らなければなりません。そのため、大容量のサーバーが必要になります。また、クラウド型とオンプレミス型のどちらの電子カルテを選ぶのかによって、初期費用や設備の設置場所などが異なります。

 電子カルテは、病院やクリニックの規模や診療科に適したものを選びましょう。今後、紙カルテから電子カルテに移行を検討している場合は、事前に複数の業者へ相談してみることをおすすめします。

過去の紙カルテ情報のデータ移行

 現在使っているレセプトコンピューターを継続する場合において、考えなければならないのは、紙カルテのデータをどう管理していくか?という部分です。紙で書き溜めたカルテ2号紙をPDFで取り込むというケースもあります。その一方で、全てを一度に電子化するのも負担が大きいので紙のまま回し、新しい診療内容から電子カルテに記載を始めるというクリニックも多くあります。
 もし、レセプトコンピューターを含めて一新をする場合、多くのメーカーにおいては、オンライン請求に使用しているレセプトデータを用いた移行ができます。その場合、一般的には、患者IDや生年月日、保険情報などの患者さんの基本情報、病名、診療行為などのコストについての移行が可能です。お使いのメーカー、移行するメーカーによって異なる場合があるため、詳細については担当者にご相談ください。

 紙カルテの電子化はクリニック運営のターニングポイントになります。スムーズに移行するために事前準備をしっかりしていきましょう。ぜひ一度、メディコムにご相談ください。

電子カルテの保存の原則、電子保存の三原則について

紙カルテから電子カルテの移行方法について

紙カルテから電子カルテに移行する方法には、いくつかあります。全部移行すると時間がかかるので、自院の人員や費用に合わせてどの方法を利用するかを考えてみましょう。

紙カルテと電子カルテを併用する

紙カルテを参考にしながら、電子カルテを利用する移行方法です。例えば、再診の患者さんが来られたら、これまでの紙カルテの情報をもとに電子カルテを入力します。手間はかかりますが、少しずつ進めることで、必要なカルテの情報を電子カルテに移行することができます。

期間を区切って入力をする

紙カルテの数が少なければ、これまでの紙カルテをすべて入力する移行方法があります。ただし、紙カルテの数が多いほど時間と人手が必要です。「今月は3ヵ月以内に通院している患者さん」のように、現在からさかのぼって期間を区切ります。同じように、少しずつ進めることで業務の負担を少なくすることができます。

紙カルテをスキャンする

紙カルテをすべてスキャンしPDFとして取り組む方法もあります。すべて取り込んでおけば、急に来られた患者さんでも、紙カルテを探す時間と手間を減らすことができます。一日何枚と決めてスキャンすれば、スタッフの手間を減らすことも可能です。

電子カルテ操作の研修

 病院やクリニックが新たに電子カルテを導入するにあたり、スタッフへの研修制度やマニュアル等の準備が必要となってきます。

 電子カルテは多機能であるため、スタッフ全員が操作方法やルールを理解しなければなりません。

 患者さんの病歴を確認するためには、「カルテの保存」や「閲覧方法」などをスタッフ全員が共通のルールに基づいて理解していなければ、日常の業務に支障が出てしまいます。

 電子カルテ操作の研修をする場合は、マニュアルの準備や専門スタッフを手配などの体制を整えてください。そして、業務がスムーズに行える環境を作れるようにしましょう。

決めておくべきクリニックのルール

イメージ

 紙カルテから電子カルテの導入にあたって、大きく変わる部分では、紙やペンではなく、パソコンの操作が必須となることです。当たり前のように感じますが、パソコン自体の電源をつける、インターネットへ接続する、アプリケーションを立ち上げるなど、紙カルテではなかった事前準備が発生します。普段パソコンに慣れている方であれば操作自体の問題はないですが、システムが立ち上がっておらず診療が遅れてしまった…というような小さなタイムロスを起こさないためにも、誰が、いつ電源をいれて立ち上げるかなどについてのルール決めをしておきましょう。
 他にも、今まで紙カルテと一緒に回していた、申し送りなどのメモや検査結果の運用についても決める必要があります。電子カルテによっては申し送りを入力するスペースがあります。複数の記入枠があるメーカーもあるので、用途によって使い分けることもできます。しかし、最初から全て電子化してしまうことによって混乱が生じてしまうこともあります。そのため、メモや申し送りはクリアファイルに入れて、今までと同じように回すという選択もひとつです。

 紙カルテの電子化はクリニック運営のターニングポイントになります。スムーズに移行するために事前準備をしっかりしていきましょう。ぜひ一度、メディコムにご相談ください。

オンラインデモはこちら

システムの一覧へ戻る

一般診療所向け電子カルテシステム/医事会計システム メディコムはシェアNo.1

今すぐ見れる!経営に役立つ資料や動画を提供中

※「MEDICOM」および「メディコム」は、PHCホールディングス株式会社の登録商標です。